出会い厨より、情報厨

これがTwitterで次来るバンドを探す理由。プロフィール欄から読者登録お願いします!Twitter ID@sakidori_yutuba

【固定・随時更新】オススメ先取り紹介アーティスト一覧!!!

僕の紹介から3年後に誰もが知るアーティストになってます。と言えるような期待の音楽アーティストを先取りしています。

でも早く知ったからどうってわけでは絶対にないです。
しかしインディーズにも、ライブハウスにも運命を変える力を持つアーティストがいることを、早めに知ってほしいという老婆心ですね。
でも本当に売れてきているのが、結構出てきていて、とても嬉しいです。

紹介アーティストの皆さんには、
本当に勝手に申し訳ないです。
継続的に紹介し応援し続けます。

「※欠番」はなんかやらかしたとかではなく、今となっては不相応な当時から売れかけてるバンド紹介してたので、バランス取るために名前を伏せただけです。作りたては紹介の軸がブレブレで。



ぜひ、各種アーティストのTwitterアカウントとか入ってみてくださいね。


先取りアーティスト一覧!

☆2017年2月

1.メランコリック写楽
→ももすももすや、麻痺するポケットなどで活躍
2.arrival art
→yenca等で活動
3.The 3 minutes
4.※欠番
5.Black Tank Comebacks
→209.the old kinderbookへ
6.キツネアザミ

☆2017年3月

7.※欠番
8.ゆるふわリムーブ
9.gigi giraffe
10.雨ガエルと出鱈目
11.※欠番
12.レルエ
13.※欠番
14.おはようございます
15.tonetone
→チョーキューメイやソロで活躍
16.スピラ・スピカ(ex/スノーマン)
17.グッバイセブンティー
18.ナードマグネット
19.LUNCH-ki-RATT
20.脳内麻薬ズ→nagori
21.そこに鳴る
22.※欠番
23.雨のマンデーズ
24.SACCHICO
25.みるきーうぇい
26.朝眠る

☆2017年4月

27.NeneNone(ex.そのうちやる音)
28.Emu sickS
イチカバチカやZOOZで活動
29.AOI MOMENT(ex.桜草 )
30.KAKASHI
31.サスライナンバープレート
32.reGretGirl
33.夕立に笑う
34.ラリラボリッチ
35.しんきろうのまち
36.Egw Eimi
37.イトカムトビコ
38.moon side tetra
39.The BestAverage
40.Baby Leaf
41.かろうじて人間
42.※欠番
43.postman
44.Stella Letter
45.ぼっちぼろまる

☆2017年5月

46.SEKIRARA
47.2Mile
48.教育番組
49.Radicalism
50.FEEDWIT
→WATER KINとして活動開始
51.ChroniCloop
52.スロウハイツと太陽
53.THOMAS CAT
54.裸体
55.film girl
56.Unfitcooder
57.スーパーアイラブユー
58.TRY TRY NIICHE
59.あくとわん

☆2017年6月

60.加速するラブズ
→ULTRA CUBや浪漫革命、(夜と)SAMPOなどで活躍中
61.SUPER BIKINI JOHNNYS
62.the super cherry jam band
63.ナキシラベ
64.Blasha
65.Organic call
66.ofulover
67.イエスマン
68.Coo
69.※欠番
70.ポラロイズマリー
71.モノクロパンダ
→ソロなどで活動
72.ヤタガラスーパーマーケット本日開店
→RAUL
73.サテライタウン
74.Plot Scraps
75.The Mash
76.odd five

☆2017年7月

77.しらぬい
78.ank
79.An Sept.
80.fuzzy apple store
81.Eatscene
82.JACK=ON=THE=FIDDLE
→Zeppeliniled
83.梨帆→西片梨帆
84.the unglazed
85.くだらない1日
86.peeto
87.carpool

☆2017年8月

88.LIFE CORE FACTORY
89.Made in Me.
90.いつまでもそのテンポで
91.yeti let you notice
92.ARES INWARDS
93.FINE MOTION
94.toitoitoi
95.然れど
96.Curtaincalls
97.ラパンテット
→SHiPPO

☆2017年9月

98.Dr.FOOL
99.MOQJI
100.レベル27
101.sankanshion゜
102.10.8℃の世界線
103.SaToMansion
104.ふつつか少女
105.ごん
106.atelier room
107.Broken my toybox

☆2017年10月

108.長靴をはいた猫
→とおのねむり、イノウエケンイチ
109.Rock climb→na na si
110.Mr.Nuts
→我楽多倶楽部のメンバーに
111.あのね

☆2017年11月

112.モノクローグ(第一章完結)
→タケトモアツキ→アツキタケトモ
113.シベリアンフィッシュツリー
114.night limit(解散)→ I'm
115.I have a hurt
116.Basement Side
117.ULTRA CUB
118.ネノコクランク
119.melt into the cream

☆2017年12月

120.SUGERLUNG
121.ZINNIA
122.Actless_
123.ミスターリトルブレイブ(ex.fibgloo)
124.I Live in My Town
125.Mez-zo-forute
126.iloli
127.スペースロジー


2018年よりブログにて「月間先取り大賞」スタート!
◯が付いているのは月間大賞アーティストです。


☆2018年1月

128.Temmie Apologize
white whiteとして活動
129.ellie(前:from now on)
130.ロマネ
131.まちがいさがし
132.super aruca
133.Litone of us
◯134.暁音→akane
→声にならないよ

☆2018年2月

135.w.o.d.
◯136.立ち耳スコティッシュフォールド
137.Mr.ふぉるて
138.フェイクブルー→Vo.きゃないがソロで活躍
139.チョコレートちょうだい
140.あの娘はウォンバット
141.かたこと
142.BurGerk

☆2018年3月

143.RUBBISH
144.I miss you…oh,I miss you
145.Chronograph
◯146.93°
147.insomnia girl
148.The tiny
149.Guest room
150.unsmoker
151.雨について。

☆2018年4月

152.kawaru gawaru
153.My Song is Yours
154.スキッツォイドマン
155.BruteRocks
◯156.もう二度と逢えない私へ
→Nimo Colchicum

☆2018年5月

157.OKOJO
158.カムラミカウ
159.sonosheet
◯160.chick in wisteria
161.Fow two.→Mega Shinnosuke
162.グスタフの寝癖

☆2018年6月

◯163.Depressed disorder in December
164.The Shiawase
165.ROKI
166.necozeneco
167.諭吉佳作/men
168.Bakyun the everyday
169.Re:name

☆2018年7月

170.とうふメンタル
171.Newdums
172.Sourire
→Buttercup
◯173.pastleaks
174.CRYAMY

☆2018年8月

175.Youmentbay
176.Ribet towns
177.UMEILO
→MoLseなどで活動開始
178.いつかのネモフィラ
179.Rocket of the Bulldogs→Hyuga
180.Sleep Slope
→揺らいで凪や、THE 118'sサポートなどで活動
181.Teenager Kick Ass
◯182.Fancy Girl Cinema
183.プランクトン
184.秋山黄色
185.ソレチュウ
→POOL ICE MOONやOchunismで活動
186.ラッコ手を継ぐ。

☆2018年9月

187.五秒ルール
188.Mr.Seaside
189.田高健太郎
190.ToyJoy
◯191.nee→NEE
192.リュックと添い寝ごはん
193.The Muddies
194.高浪凌→タカナミ→ジュウ
195.ピローマン

☆2018年10月

196.goomiey
197.Alu.
→eLeで活動中
198.sandysunny、ine
199.eternal17才
→yubioriで活躍
200.Atomic Skipper
201.コトノハタラズ
202.SuperBack
◯203.grumble grumble
204.the average

☆2018年11月・12月

205.CENTRAL DOGMA
206.The mono-Curation
→the pulloversやthe scentedなどで活躍
207.CVLTE
208.CASANOVA FISH
209.the old kinderbook
210.Man'hattan Holiday
211.LUCY IN THE ROOM
212.ヨルトエ
213.花冷え。
214.shandy Wz
○215.EGGEST


2018年ワイルドカード
→insomnia girl

2018年間大賞!
→立ち耳スコティッシュフォールド

2018ベスト先取りインディーズ15: https://www.youtube.com/playlist?list=PLDVAI7PNXp1MHMpLpvthkbvDX7csPZGOs




☆2019年1月

216.Cody・Lee(李)
217.プッシュプルポット
218.遠藤理子→一旦役者業専念へ
219.オレンジスパイニクラブ
220.ネコゼ
221.Mellow Youth
222.Marie Louise


☆2019年2月

◯223.Ezoshika Gourmet Club
224.harue
225.初恋モーテル
226.SOLITUDE A SLEEPLESS NIGHT
→Eversolitude
227.Marry me→oicase
228.成田あより
229.aoni
230.RAYM RANDO(ex.offshore)


☆2019年3月

231.savior
232.aiae.
→アベタクジなどで活躍
233.Liquid liqueuR
234.アトノマツリ
235.サンプリエ
236.マタノシタシティー
◯237.ヒライ
トロイメライ
238.NO BORDER


☆2019年4月

◯239.my sister circle
240.ヨセアツメ
241.Limited街道
242.日々を嗤え
243.Foods


☆2019年5月

244.allicholy
245.ニモニック
246.アポロノーム
247.sweet rain
◯248.ルサンチマン
249.SULLIVAN's FUN CLUB
250.ロップランク


☆2019年6月

251.THE KITCHEN
252.月追う彼方
◯253.明るい赤ちゃん
254.THE KING OF ROOKIE
255.firefly


☆2019年7月

256.amanojac
257.plum
258.S.peranza
259.Hitode Filaments
260.C Case
261.Pygmy I'm cricket
262.藍色イマージュ、TIDAL CLUB
◯263.MINOR THIRD


2019年8月

264.THE118's
◯265.School Meets Geek
→アスノポラリス、シンガーズハイで活動へ
266.Yorimichi
267.cadode
268.anewhite
269.The Bug's(ex.Merry Side Story)


2019年9月

270.晴れ時々響の雨→不眠旅行
◯271.A veny pafa
272.Lyric Jack
273.ミテイノハナシ
274.Jam Fuzz Kid
275.弥生時代の末裔


2019年10月

◯276.lungs rose→matatapiaで活動
277.The Papaya Collections
278.NaughtyCrow→おはらはな
279.古墳シスターズ
280.toronto
281.鉄風東京


2019年11月・12月

282.システム、オール、グリーン
283.Reversi!
284.Ochunism
285.One of the sound
286.全力人間ランド
◯287.あるゆえ
288.松田美妃→matsudamiki
289.Ememy→セイカツノスベテ
290.Pale to Alicia


2019年ワイルドカード
→allicholy

2019年年間大賞!
ルサンチマン



2020年1月

291.ユメゾメ
292.ANVITAUPE
293.Conton Candy
294.Rainscope
295.escapes
296.少年のように
◯297.minori
298.Eelift(ex.eel)


2020年2月

299.crap clap
◯300.でかくてまるい。
301.The Chain Ups
302.Laughing Hick
303.TEAR
304.chillspot→chillzpot→chilldspot
305.破滅ロマンス


2020年3月

306.Adler
307.PEOPLE 1
308.続きはらいせ
◯309.moreru
310.藍色アポロ
311.破壊光線
312.ginger
313.peanut butters


2020年4月

314.DAYBAG
315.FIVE LEAF CLOVER
→Kulgulyのメンバーに
316.Blue Mash
317.横浜サンポジョン
◯318.あるくとーーふ
319.MOTHER
320.ミエル


2020年5月

◯321.Euphoric Album
322.Yobahi
323.poor man's rose
324.molly
325.SPRINGMAN
326.Candid moment


2020年6月

327.EVI
328.THE HOPKINS
329.レストナ
330.細井鳴り
◯331.bokula.


2020年7月

◯332.EMIRI
333.etc.
334.リスキーシフト
335.todo
336.エホンノセカイ
337.ハク。


2020年8月

338.Subway Daydream
339.CUB
340.今日は白シャツにしようかしら
341.CC81
342.Broken kangaroo
○343.Last Lady→ニイナ


2020年9月

344.マハラージャン
345.O.O2
346.hananashi
347.エレガンスハイツポピー
348.kokage
349.UtaKata
350.菅谷諭杏
○351.脳内狂騒


2020年10月

352.Motto Pog
353.ベロニカ
354.ネオンテトラ
○355.The Moment I Decide
356.スケアクロウ


2020年11月・12月

357.35's Town
→その感激と記録、THE NOBESで活動
358.pachae
○359.00's Club
360.浮遊信号
361.Girls in MoonGold-roid House
362.少年キッズボウイ
363.チョーキューメイ


2020年ワイルドカード
→Candid moment

2020年年間大賞!
→bokula.


2021年1月

364.パブリックインベーダー
365.地球から2ミリ浮いてる人たち
366.35.7
367.すいそうぐらし
368.yodomi
369.Rudo
○370.AGE→鋭児
371.G över→G over


2021年2月

372.Tensions
373.high jumpmaster
374.山本狼煙
375.Finder will Karte
○376.WARS iN CLOSET


2021年3月

377.ぽこぽこ緑茶空間
378.Gum-9
379.みなみ
◯380.アロワナレコード
381.Qüalm
382.ha:lu


2021年4月

383.The right
384.Looisbos
◯385.茉莉花
386.Sleepless Sheep
387.Fusee
388.街々
389.フミンニッキ
390.parole
391.Unpleasants


2021年5月

392.kyamie
393.世界電球
394.板歯目
◯395.MOCKEN
396.tambi
397.Hot Tub Cinema
398.C子あまね


2021年6月

399.electric scooter
◯400.夕方と猫
401.Lander
402.GARAGE DOG!!
403.ayaka


2021年7月

404.二月革命
405.Piece of Works
406.HIZAKURIGE
407.帝国喫茶
◯408.Chevon
409.音速ばばあ


2021年8月

410.新東京
411,millit
412.Crab 蟹 Club
◯413.AIRCRAFT
414.終日柄
415.じぇいど町


2021年9月

○416.徒然書簡
417.ウマシカて
418.overused
419.TRACK15
420.Adam's miss
421.マリースメック


2021年10月

422.雪村りん/トンボコープ
423.実験的音楽
○424.弁天ランド
425.Kamisado
426.Young Kee


2021年11月・12月

427.AMERICAN DREAM EXPRESS
428.毎晩揺れてスカート
429.THE NETMAN
○430.ひとひら
431.反社会的サンダル→超★社会的サンダル
432.憧憬と傘
433.Fremeny
434.RIP DISHONOR


2021ワイルドカード
→G over

2021年間大賞!
→MOCKEN


2022年1月

435.Soar
436.Poison Pop Pepper
437.ボウリングパーティ
438.puleflor
439.変心芙蓉
440.En
○441.the Hz


2022年2月

○442.アダムとイヴ
443.述。
444.健やかなる子ら
445.Kureai
446.Rey Fallet

2022年3月

447.The 奥歯's
448.猫背のネイビーセゾン
449.サバシスター
450.MONONOKE
451.Aotenjoe
452.モラトリアム
○453.iwaty

2022年4月

454.森の中のねこまんま
455.サバノオミソニー
456.qualia
457.SEAGLASS
○458.カライドスコープ
459.氷夏


2022年5月

460.アカルミ
461.花想い
462.My Peace
463.オレンジの街
◯464.シヴァネコ


2022年6月

465.新亜並行空間
466.アザーカット
467.Love de Okapia
468.メとメ
469.からあげ弁当
470.Hate This Town
◯471.発狂ボーイズ


2022年7月

472.情緒16号
473.Le illumine
474.Pablo Haiku
475.水彩とシーサイド
476.チャミークークス
477.スクールガールズエンド
◯478.月刊少年アイロニー


2022年8月

479.606号室
◯480.ヒノきのぼうとおナベのふた
481.握りしめた2円
482.muque
483.SAYONAKA


2022年9月

484.AYARI MiSASAGi
485.かたるくりこ
486.Uncurtain
487.amayo
488.つきみ
489.CheChe
490.Pale Moon


※随時更新!

遊津場pre.月間ベストソング大賞!~2022年9月


ミナホも台風で中止になったら死ぬマン。
遊津場です。

TOKYO CALLING、関西から行く予定してたんですけど、台風の影響で新幹線止まりそうで諦めたんですよね…。
その代わりと言っちゃなんですが、KANSAI LOVERSに行って来ました。大体のバンドは見たことあったんですけど、久々のmol-74が素晴らしく、唯一初見だったTETORAが半端なかったですね。ぶっちゃけそんな期待してなかったんですけど、これは来年トリですわ。ドラマストアの万感のラストカンラバ、企画に出演してくれたmy sister circleも大舞台で映えてました!


では、先月のベストソングと先取りアーティストを見ていきましょう!

September's Good Songs!!

【さすがのバンド部門】


www.youtube.com


04 Limited Sazabys『Keep going』

10代バンドのような疾走感×いろんな経験を経たからこそのキャッチーさ×アニメタイアップを意識した盛り上がり方。
表面的では出せない、フォーリミらしさが詰まった曲。


くるり『八月は僕の名前』

サブスク論争が先月ちょっとあったけど、若手に出会えるだけでなく、「名前だけ知ってるベテランの曲」に出会える、再発見や偏見がなくなる楽しさがあるのも、サブスクの魅力だよね。
まぁつんけんせず、岸田さんの穏やかで、伸びやかな歌声とMVの小松菜奈に癒されてください。


◯FOMARE『恋につられて feat.林萌々子』

「もらい泣き」や「思わず笑う」とかじゃなく、「つられ泣いた」「つられ笑った」っていう言葉になるだけで、こんなに迫るものがあるのか。ありそうでなかった日本語の魅力に気付かせるロックは面白い。

しかしFOMAREは王道のバラードが強いね。
林萌々子のボーカルもHump Backの時とも、FM802の時とも何か違うね。



【今抑えておきたい!若手アーティスト部門】


www.youtube.com


◯35.7『ちぐはぐ』

歌声が伸びゆく長さやタイミング、2番の転調、引き立てさせるメリハリが全て完璧なミディアムバラード。
若さゆえの1日の、1恋の密度がとても柔やくパッケージされてる。
タオルの歌詞が本当に見事。5分くらいのドラマ仕立ての柔軟剤のCMに使われるべき。


◯明くる夜の羊『光の方へ』

こんなに、絶望と隣り合わせになりながら、それでも現実から逃げず、真っ直ぐに強く鳴らす、汗くさいバンドとは思ってなかった。
ロックバンド関係者越えて、全世代に届く。


◯bokula.『美談にしないで.』

この不器用さと、諦めの悪さと、半端ない後悔の気持ち。これを焦燥感溢れるギターロックに乗せる。
bokula.の真骨頂というか、結局最終的に残っていくような曲。


◯あるくとーーふ『シャリライ』

これは本当に今のポップソングの正解だと思う。
踊れる軽快さもありながら、正直に貪欲に真実を照らして、汚いものは汚いと言う強さがあるというか。
万人に届くけど、万人のための曲じゃないみたいなバランスが、夏風を呼ぶ。


○帝国喫茶『ガソリンタンク』

全部、サビ。
多分、人生も。
だからこそ、あまり気張らなくても輝いてるよ。


【今が脂乗ってる部門】


www.youtube.com


◯BYEE the ROUND『フェブラリー』

二月って、こんなカッコいい歌詞になるんだ。
本物のメッセージングってこれ。
人間だけで勝負するのに、これ以上はない。


【ジャンルレス部門】


www.youtube.com


◯eill『フィナーレ』

アニメ映画の主題歌。
歌詞は好きな人への思いは非常にカラフル。だけどサウンドは、そんなに音数が多くないのが、より強い恋愛感情を引き立てる。
「味気ない」っていうのが、この曲の1つテーマなんだろうけど、不思議さと日常感を絶妙に織り交ぜた、美しいフィナーレでした。

月間ベスト先取りアーティスト大賞!


先月、厳選先取りさせていただいたアーティストは以下の7組です。

  • AYARI MiSASAGi
  • かたるくりこ
  • UNCURTAIN
  • amayo
  • つきみ
  • CheChe
  • Pale Moon


このただでさえ相当有望なメンツの中、ベスト先取りアーティストは……





UNCURTAIN!


www.youtube.com



<紹介ツイート再掲>

☆もっと深めてみる

トレンドでもあるチームで作り上げるクリエイティブの強さと、オシャレなロックサウンドを併せ持つ。
そしてちゃんと本物を感じさせる各楽曲のクオリティの高さ。バンドのはっきりとしたイメージもありながら、何かのジャンルだけでとらわれず成長しそうな期待感。もうバズる準備はできてるでしょうね。

しかし関西シーンは期待しかない。
かたるくりこに、ウクレレSSWAYARI MiSASAGiの新しさ、関西ボーイズバンドに新風を吹かせそうな歌ものギターロックのamayo、逆に脈々に受け継がれる関西の熱いロック魂を感じるPale Moon様々。
福島発のつきみは地元期待の星になれる存在感。東京のCheCheは逆に誰にも縛られず、軽快なステップで上がっていきそうな感じです。


今月も先取り様でした!

あーとーがーきー

よっしゃ!来週はミナホ!
そして年末フェスの情報も入ってきてる!
秋冬越えていきましょう。

月間オススメアーティスト最新MV集!〜2022年9月

今まで紹介してきたアーティストの最新作まとめ

猛暑にも、台風にも、コロナにも、
負けるなミュージック。


☆大型フェスでも映えそうなクリアでクールな破壊力
The Moment I Decide『Ruten』


www.youtube.com


☆どこか懐かしい、クセのあるサウンド
Love de Okapia『Hasu no Utena』


www.youtube.com


☆余すことなくロックバンド鳴らす光
Motto Pog『光芒』


www.youtube.com


☆色付け、君の刃
カムラミカウ『Pandemimic』


www.youtube.com


☆世の果てまで届く音
EMIRI『Voyager』


www.youtube.com


☆ついにアルバム発売!オンラインライブも
G over『Hood


www.youtube.com


☆句読点が刻まれたら、この曲を
ofulover『運命』


www.youtube.com


☆自主企画も大盛況!ブレイク候補へ
チョーキューメイ『溶けた魔法』


www.youtube.com


☆センスとテクニックを妥協せず鍛え上げて大輪の花
トンボコープ『信号花火』


www.youtube.com


☆引火!
帝国喫茶『ガソリンタンク』


www.youtube.com


☆喧騒に紛れない存在のシンガロング
ayatori『kiro』


www.youtube.com


☆ストーリーにもこだわりの初MV
Chevon『占っていたんです』


www.youtube.com


☆ストーリー性のある柔軟剤のCM曲に使って欲しい
35.7『ちぐはぐ』


www.youtube.com


☆洗練された呪い
AOI MOMENT『The Curse』


www.youtube.com


☆止めてよプリテンダー
ニモニック『こんなのラブソングじゃない』


www.youtube.com


☆from 木津川駅
The right『冬を越えて』


www.youtube.com


☆こんな毎日にはリュクソ
リュックと添い寝ごはん『everyday』


www.youtube.com


☆17才の衝動的グッドメロディ
MONONOKE『ティーネイジ・スクリーム』


www.youtube.com


☆これぞbokula.な名曲投下
bokula. 『美談にしないで.』


www.youtube.com


☆ナッツが生み出すストーリー
Crab 蟹 Club『Nutting』


www.youtube.com


☆極彩色を纏った言葉が届く
あるゆえ『一閃』


www.youtube.com


☆お寺×ポップって相性いいのね
あるくとーーふ『シャリライ』


www.youtube.com


☆異質な存在感増してくし、ワンマンは美術展?
終日柄『流動』


www.youtube.com


☆生き急ぐ、僕らへ
Blue Mash『2002』


www.youtube.com

遊津場pre.月間ベストソング大賞!~2022年8月


アイスコーヒー頼んだのにホットがきた。
遊津場です。

夏休み、夏フェスどうでした~?
僕はどこにも行ってません 笑
ラシュボ1日目は行けばよかった!
NEEとCody・Lee(李)のデカ舞台を見たかったなぁ。

ただその代わりではないですけど、23日に共催イベントを開催しました!
マジで組合せが不思議 笑
でも全組良かった。
僕がお呼びした2組、特に00's Clubの評価が高くて嬉しかったです。

また企画欲高まってきたな。
まずは私生活いろいろ整理しなきゃ…


では、先月のベストソングと先取りアーティストを見ていきましょう!

August's Good Songs!!

【さすがのバンド部門】


www.youtube.com


○KOTORI『ツバメ』

どんどん曲が短くなる時代に、この泰然自若な雄大さ。
時の流れを一番心地よく戻してくれる。
盛り上がる部分も力強くも柔らかでツボに効く。
飛行目線のMVも気持ちいい。


チリヌルヲワカ『光』

正直、7188もヲワカも聴いてこなかったんですけど、
流石に一時代を築いたバンドですわ。
とんがってる。。。
全ての今時の10代に届くかは分からないけど、人によってはこれでバンド始めそうです。

収録アルバムの曲名は全部漢字1字。
迫力あるな…


【今抑えておきたい!若手アーティスト部門】


www.youtube.com


○声にならないよ『もしも心が泣くのなら』

初のミニアルバムから。珠玉のロックナンバー。
珠玉のバラードも沢山持つ彼らだけど、演奏シーンも格別、格別にロックバンドです。
もちろんしっかり愛にも包まれている。
全国に届けー。


【今が脂乗ってる部門】


www.youtube.com


○カネヨリマサル『ひらりとパーキー』

邦ロックのど真ん中これでしょ。
今月アップしてたので新曲かと思いきや、そうでもないらしく、あんまり確認できてないけどTikTokかなんかで伸びてるのかな?夏の曲だからかな?
全ての平均値が高い印象があったバンドだけど、この曲はその最高値というか完全無欠かなと思う。嫌いな人いないでしょう。


○Laura day romance 『tender icecream』

このタイプのバンドは意外とサイクルも早かったりするけど、味わい深さが一段と増したような。
淡く切なくも、「ロマンス」という言葉がこれほどに似合うバンド名・サウンドもない。


○ofulover『運命』

シンプルにカッコいいロックバンドの曲。
今月は僕はこの曲です。
Broken my toybox、 the satellites、ORCALAND、 postman…
97年世代は結構熱いと思うよ。
まずは同世代に響け!


【アルバム部門】

さユり『酸欠少女』

5年ぶりのフルアルバム。
11曲中8曲がタイアップありと、かなり彼女の強みが出ていてボリューミーに感じた。
でもそれでありながら次に向かうような、SSWの枠に囚われない多彩なサウンドは華やかな気分にさせてくれます。
唯一MV化もタイアップもない『DAWN DANCE』がかなりカッコいいです。これがあるからアルバムは楽しいよね。

なんかそれそろ「裸足・ポンチョ」のトレードマークも代わりそうだなーと思った。それくらい1つ区切りを感じます。『酸欠少女』というタイトルからもね。


月間ベスト先取りアーティスト大賞!


先月、厳選先取りさせていただいたアーティストは以下の5組です。

  • 606号室
  • ヒノきのぼうとおナベのふた
  • 握りしめた2円
  • muque
  • SAYONAKA



このただでさえ相当有望なメンツの中、ベスト先取りアーティストは……





ヒノきのぼうとおナベのふた!


www.youtube.com



<紹介ツイート再掲>

☆もっと深めてみる

この憑依的なライブパフォーマンスと、エゴイスティックな世界観がたまらんのです…!
元々シンプルなギターロックとは言えないけど、存在自体がオルタナティブな雰囲気を持っていて、10代の感情の爆発だけでは終わらないのではと思った。
もちろんまだ高校生だから続けるかどうかは、自分達の意思を一番大事にすべきだけど、ルサンチマンとの対バンは、見たい。

正直、SAYONAKAのほうが早く全国区のサーキットライブに出演していくと思う。キーボードボーカルのこのバンドは、ここ5年くらいのポップロックの正解を持ってると思う。
クジラ夜の街やケプラとの共演は近い将来だと思う。
ヒノナベは完全に好みやねん…。

関西の606号室と握りしめた2円も有望株。606号室は既にTOKYO CALLINGのオーディションで賞を獲った。握りしめた2円は意外と少ない二十歳前後の大阪の直球ロックで存在感示してほしい。
そして福岡のmuque。激戦区だけど、じきにバズるよ。ライブも楽しみ。


今月も先取り様でした!

あーとーがーきー

今月TOKYO CALLING行くんで、関東の方と乾杯したい。アルコール飲めないけど。

それでは。

月間オススメアーティスト最新MV集!〜2022年8月

やっぱり夏の曲多いね。

 

☆らしいバラードと鮮烈ロックチューン!
声にならないよ『君なんかいらない』『もしも心が泣くのなら』


www.youtube.com


www.youtube.com

 

☆遥なる青!
Atomic Skipper『ブルー・シー・ブルー』


www.youtube.com

 

☆MVの女の子、髭めっちゃ似合う
かたこと『Fancy Girl』


www.youtube.com

 

☆「恋に落ちる」を完全に音楽化!
浮遊信号『オチルガール』


www.youtube.com

 

☆全ての日々を受け止めるチャイム
Broken my toybox『青くなくとも』


www.youtube.com

 

☆ある夏の冒険奇譚
NEE『緊急生放送』


www.youtube.com

 

☆素朴だけど、しっかり夏の魔法にかかる曲
リュックと添い寝ごはん『サマーブルーム』


www.youtube.com

 

☆メイドと着ぐるみと酒とタバコと花火
mollyアウトサイダー


www.youtube.com

 

☆春に続いて、夏もドラマ主題歌を担う話題性
チョーキューメイ『心を照らせ!』


www.youtube.com

 

☆着実に進化する広島の情景ギターロック
憧憬と傘『季夏』


www.youtube.com

 

☆濃密な初MV
Adam’s miss『グレーテル』


www.youtube.com

 

☆とても前のMVで殺人したとは思えないMV
ofulover『夜に唄えば』


www.youtube.com

 

カライドスコープ様と踊り出したらいい
カライドスコープ『DANCE』


www.youtube.com

 

☆自分の信念を再確認できるロックチューン
UtaKata『メイテイ』


www.youtube.com

 

☆ワンカメ逆再生MV
chilldspot『shower』


www.youtube.com

 

☆2年ぶりの新MVはど真ん中で最高
toronto『たしかなこと』


www.youtube.com

 

☆ストーリー&メッセージ性を感じるMVにも注目
弁天ランド『YOU &PURE』


www.youtube.com

 

☆無事に抜け出した者はいない音の森
板歯目『dingdong jungle』


www.youtube.com

 

☆爽快に飲み干す1曲
OKOJO『レモンサワー』


www.youtube.com

 

☆9月25日の主催フェスの規模デカすぎてヤベェ
Made in Me.『月の公園』


www.youtube.com

 

☆この穏やかな時間は忘れたくない
アロワナレコード『愛の行先』


www.youtube.com

 

☆誰もが経験あるだろう、夏のメルト感
発狂ボーイズ『小立野2丁目42』


www.youtube.com

 

☆ツアーにサマソニに笑顔で活躍!
サバシスター『ジャージ』


www.youtube.com

 

☆メンバーが夏を満喫している姿にバンドの充実感を感じ取れます
bokula.『夏の迷惑』


www.youtube.com

「旬は巡る。2022」出演者紹介!

9月11日(日)に下北沢4会場サーキットライブイベント「旬は巡る。」が開催されます。
単発イベントも東京のみならず、各地で開催されてますが、
サーキットライブとしては4回目の開催になります。
ネクストブレイクの登竜門として、今年も40組のアーティストが出演します!

東京って、毎週してんのかってくらい、サーキットライブやってます。
そうなると出演者が似たり寄ったりになるんじゃないかと思いますけど、やっぱり各々色や個性が出るんですよね。
例えば8月に同じ下北沢で開催された「NEW LINK」というサーキットライブイベントがあったんですが、出演者が1組も被ってないんですよ。
でも互いに「あ、これはネクストブレイクだな」という出演者が揃ってます。面白いね。

その中で「旬は巡る。」はより愚直に、ライブをしたり、音楽を作ったりするアーティストが揃っている気がします。
四季折々感のあるタイトルに背いて申し訳ないですが、正直カラフルというよりは、
若き職人達が1つ1つ丁寧に作り上げた、シンプルなんだけど何年でも誰でも着倒せる服のような、
そんな日々の生活に寄り添う音楽を鳴らすアーティストが揃っている気がします。
毎年巡ってくる新しい旬の音楽から、耐久性のある、噛み応えのある音楽を、主催者も1つ1つじっくり吟味して、毎年並べている。
そんなイベントに思いますね。

あんまり僕のイメージをつらつら語ってもあれなので、そろそろ紹介に入ります。
ほな僕も負けじとじっくり全組紹介したいところですが、それだと伝わりづらくなるので、8組を厳選してピックアップしました。
どうぞ。

amanojac

名古屋発ツインボーカルスリーピースロックバンド。
愛知のライブシーンは今本当に勢いがあって、
コロナで大変な中、若手バンド20組ほどで2年連続全国ツアー組んだりと精力的なエリアです。

その中心にしっかりいたのが彼ら。
その活躍もあって、Eggsで常にランキング上位をキープし、名古屋のライブイベントでは欠かせない存在になっています。
でもその前から縁あって活動知ってますけど、結構もがいていたイメージも実はあります。
あるコンテストでは、他の同世代の東海バンドが優勝する中、入賞で留まったこともありました。
そういった経験を経て、少しずつ開花している見逃せないタイミングですよ。

当日も桐山さんの一度聴いたら忘れない熱いフレーズと、対照的にクールなオオタケさんのボーカル、らんこさんの躍動するドラムが響き渡ります!

www.youtube.com

Hello Hello

「奈良の若手バンドと言えば?」
この問いに彼らを答えなかったら、モグリですよ。

持ち味と言えば、ハイトーンボイスの使い分け。
2020年の夏福というイベントで初めて見た時は、まだ活動したてくらいだったはず。
で、今年の3月に見た時、音はゴリゴリ、声はメリハリ、空気は一変と、堂々としたライブ。
歌詞の甘酸っぱさが一気に広まっていました。情景が出る歌詞。来年、青春ドラマ主題歌する(予想)。

7月に発売された1stアルバムはタワレコ10店舗で発売。
いよいよ全国区へ歩みを進めています。
”これから始まる僕たちの音楽を聞いてくれよ”

www.youtube.com

MOCKEN

3月から8月までの全国ツアーも完遂し、ギターも正式加入。
最高な状態で、バチボコに8月・9月のサーキットライブを荒らすでしょうMOCKEN。

僕自身、昨年からずっと存在を気になっていて、やっと6月に大阪でライブを見ましたがヤバイ。
もうスイッチが入ったら、誰にも止められない。自然とお客さんも全身全霊でぶつかり合う、ライブらしい充実感に溢れたライブでした。
でもやっぱり歌詞もいい。
音源で聴くよりも、生でだといかに曲に全てぶちまけているかが分かる。

9月には大阪でammoと対バンも決定。TOKYO CALLINGにも出演。
正直、もう少しサーキット出演とか時間かかるかなと思ってたけど、もう掴まれたら抗えへんのは皆同じみたい。鷲掴みにされに来てください。

www.youtube.com

ORCALAND

今までこのバンドについて書いたことないんですけど、
インディーズ紹介アカウントとして、いつか書いてみたかったんですよね。

正直『0:22』を初めて聴いた時、「めちゃめちゃ良い曲だ!」と思いました。
でもこの曲をYoutube広告に出していたんですけど、ほぼ最初の5秒無音なんですよね…。
それってかなり致命的なことだと思って、そこで冷めた部分ありました。
そして年齢も正直あります。今や高校軽音出身バンドが関東のロックシーンの中心ですから、当時23くらいなのはギリギリかなぁとか思ってました。

ただ他も含めて、とにかく曲が良い。

そこからのORCALAND、僕の見る限りですけど、相手が10代だろうとも、かなりライブを重ねていました。
正直シーンも違うし、プライドの面もあったはず。
でも着実にその名を伸ばし、年齢的にはハンデもあったはずだった大手のNo Big Deal Recordsのオーディションでグランプリを獲った時、「やっぱり曲やライブなんだな」と僕が勝手に再認識したきっかけのバンドです。

『やってらんねぇ』は、このライブハウスのお客さん、出演者、関係者にとっても強いアンセム
叫べれないけど、拳で応えたい。


www.youtube.com

徳永由希

関西からは先述のHello Helloと、カミコベにも出演した月と徒花(兵庫)がいますが、大阪からは徳永由希。このチョイスが旬が巡る。っぽいですね。
その理由は「うーん、まず聴けば?」とあえて言ってしまったほうが伝わる気もします。

隠し切れないピュアな鋭さが、よりJ-POPやロックなサウンドの味を引き立てさせるので、普段ロックバンド聴かない人にも届きそうだし、ロックバンド聴く人にはもっと届いてほしい。
新曲『茶番劇』もどうアレンジされているか楽しみ。

関西の多くのSSWから尊敬されており、9月にリスペクト企画も計画されている(進められている)とか。
先日弾き語りのライブ行きましたが、歌声とギターの音以外介在しない、すざましいライブでした。

www.youtube.com

フィルフリーク

『あなたの日常を少しドラマチックに。』
男女混声ロックバンド。

今年に入り4ヶ月連続リリースし、MVも1年で6本作成のハイペースぶり。短編映画も作ってる。もちろんライブもやっている。Oh、ハードワーク!
この透き通った歌声で、ラブソングを歌われたら堪らんね。なんとなく冬から立春頃の曲のイメージがありますが、新曲『アオに浮かぶ』の季節は夏。清涼感たっぷり。

弱さも脆さも兼ね備えているけど、汚れなき強さも内包されている。
癒されながらも、強く奮い立ちたい人へ。

www.youtube.com

マリースメック

MOCKENと同じ、埼玉から期待のロックバンド。
ツタロックのオープニングアクトとしてO-EASTのステージにも立った。
9月22日のワンマンもソールドアウト。

8月3日に発売したミニアルバム「TADE」を聴いてみてほしい。
七色の変化球の使い手ですよ。
しかもただのらりくらりってわけでもない。
強大なエネルギーに包み込まれるような曲もある。
結構、どの曲も意識ごと吸い込まれますね。

でもその中でも哀愁や夕暮れを感じるような『残り香』や『Sunny Side』は個人的に特段好き。
秋を内包しているような。9月にちょうど良いじゃない?


www.youtube.com

輪廻

正統派のイメージがありましたが、新曲『バンドマンきらいかも』で新境地を開いた輪廻。
こういうタイプの曲は歌わないのでは?と思ってたけど、しっかりモノとしているのは地力の高さでしょう。

コンテストでグランプリを獲ったり、大型のイベントに抜擢されたりしたけど、
大人からの「10代ガールズバンド」の鎧を脱いだ今が、輪廻史上一番強いのではと感じてます。
今回の出演者には他にも10代から活躍しているバンドもいるけど、しっかり「今」を焼き付けに来てほしいなぁと思いますし、それが分かるのがサーキットの良さですよね。

輪廻も最初に正統派って書いたけど、8月24日発売のミニアルバム、そんなことなかったりして。そんなワクワク感もあるバンド。
でも『大人になったらさ』のライブ動画でのMCが夢が叶っても、あなたの近くで鳴り続けるバンドになってる未来は見える。



www.youtube.com

夏の新イベント「心斎橋アーティスト見本市」出演者紹介!

固定ツイートにもしてますが、
8月23日(火)OSAKA MUSEにて、
「心斎橋アーティスト見本市」を開催します!

このイベントは
OSAKA MUSE、Eggs。myh records、遊津場
ライブハウス、楽曲配信サイト、レーベル、ライター兼イベンター(的なよう分からん業界外の僕)がタッグを組み、
各々の「今」見せたいアーティストを揃えた、新しい夏休みライブイベントです!
※myh records…タワーレコード内設立レーベル。主催者はカンラバや十代白書を運営する(有)HEADLINE所属。

なので場所こそ関西ですが、ジャンルや地域に捉われない、様々な角度を踏まえた新しい形の組み合わせが見れるイベントとなっています!
多分1人でこのブッキングはできません。なのに良い感じ。謎です。
今回も関西組は8組中3組だし、他は東京や名古屋、北海道の釧路から来ているバンドもいます🚄

このブログでは、そんな個性豊かな8組を紹介します!
8月23日は東京でもサーキットイベントが2つ行われている日。
関西の早耳リスナーのあなたも乗り遅れるなー。(関西外からも来てね)(学割もあるよ)

AOI MOMENT(大阪)



男女ツインボーカル3ピースロックバンド。
日々の合間に潜む " アオイ瞬間 " を歌う。

繊細な音使いなのは、聴いて5秒で分かるはず。
光、風、花、涙…
万物が持つ、美しい表情を描く実力派です。

個人的にオススメ曲は『風が攫っていくように』。
一度ライブで見た時、入場規制なほど人がたくさんいるフロアでも、スーッと開放感が味わえたあの感覚は驚いた。
あぁでも否が応でもドラマに引き込まさせる『stay with me』も捨てがたいな。

ライブも久しぶりっぽくて、8月もこの1本。
ただ9月には大阪でドラマチックアラスカと対バンしたり、東京でもライブしたりと、仕上げてると思います。

www.youtube.com

LAYRUS LOOP(大阪)



関西発。UK.PROJECTによる新鋭レーベルhighlight所属。
TOKYO CALLING、MINAMI WHEELにも出演が決まっている、期待の新星。

ピュアな偽りのない言葉と軽快なリズムは、全く聴き飽きない。1st EP『ポップコーン』の5曲は気付いたら終わっている。止められない、止まらない音楽。
次のEPのタイトルは『かっぱえびせん』でお願いします。もしもしカルビー
でも新曲『ダンスフロア』は一気に味付け変えてきて、そんなこともできますかー、と驚く。

大人にも受け入れられそうな安心感のあるメロディの中に、Z世代にも響きそうなフレッシュさ。
対バンしたいバンドは全国にいるでしょう。今、ライブを見ておかなきゃですね。

www.youtube.com

00’s Club(愛知)



群雄割拠の名古屋のライブシーンでも、異質な存在を放つ00世代ロックバンド。
サブスクを解禁しているわけでもなく(Eggsはあり)、MVも1曲のみだが、出演すると口コミで東京のライブハウスでも、大阪でもライブハウスでも話題になる。底知れぬ可能性とはこのこと。

唯一のMV曲『グッバイ・デイ』の聴かせる曲の力も強いが、
ライブ映像や『Smoking memory』など聴くと、
今の彼らはHIPHOPやミクスチャーの要素だったり、”渋み”みたいなものも加味されている気がして、
ライブでのノリ方の幅が、段違いに広いと思うんですよね。
なんなら『グッバイ・デイ』も最新シングルで再録されてるし。

あらゆるタイプが揃ったこの日でも、「印象に残った」「ハマった」という人が何人か生まれるんじゃないかなと思います。

www.youtube.com

浪漫派マシュマロ(釧路)



北海道は釧路出身のスリーピースバンド。
3月にはreGretGirl、Maki、the shes goneとも共演し、4月以降もライブに引っ張りだこな印象。
なんとこの日も東京でライブを終えてから、大阪に向かう。すご。

MVにもなっている新曲『嫌夜』で大阪を連想させる歌詞があるから、無理してくれたのかな。
そろそろ大阪で見たい!という人も増えてきたタイミングだろうし、初関西に選んでくれてありがたいです。

一筋縄ではいかない展開も見せるし、どこかひねくれた感じもあるけど、
ロックバンドとしての矜恃は、とにかく真っ直ぐにビジビシ伝わる彼ら。
『バラード』聴いたら、3月に対バンしたバンドとも親和性感じるな。


www.youtube.com

ねがえり。(東京)



「あなたの生活の一部になれますように」

今の関東のライブシーンの中心にいるバンドの1組。
西戸さんの優しい歌声が、鍛え上げられたバンドサウンドとベストマッチ。曲によってはカラフルなキーボードやEDMでさらに彩りも加えられる。
時に寄り添うような、時に力強いバンドサウンドに落とし込む、この実力。彼らのルーツ音楽も気になるね。(セカオワがお好きなのは分かりました)

「下北」「歌もの」「ギターロック」「Eggsで伸びてる」というタグ括りのような言葉だけで判断して、聴いていないリスナーは勿体ないぜ。
そして小野寺さん、マルフェスはきっといつか。



www.youtube.com

あるくとーーふ(東京)



長野県上諏訪発 攻撃的ポップバンド。
ライブは昨年のミナホで見まして、ドラムが印象的でした。

改めて『春雷フラッシュバック』や『オオカミUFO』を聴いてると、10代の頃の活躍を紹介するよりも、少年少女から少しずつ大人になっていく彼らが、これからどんな曲を鳴らして、どんなライブをするのか、未来にしか興味ないわ。
決して飾らず、大胆に攻めれる彼らが、今の音楽シーンを見て鳴らす音楽は気になる。
本場中国もビックリの香辛料、とんでもなく刺激的な麻婆豆腐に変わってるかもしれないね。

00’s Clubとはまた違ったタイプの、大阪にはいないタイプの、キーボードのいる5ピースバンド。
化学反応起きますよ。


www.youtube.com

メメタァ(東京)



「君がッ 泣くまで 歌うのをやめないッ!」
ストレートな歌詞とポップでキャッチーな歌!

東京で主催するサーキットライブ「メメフェス」はもう目標となるイベント。
そんなバンドが大阪の開始したばかりのイベントに出てもらえるのは、単純に心強いですね。
まだライブは見たことないのですが、曲を聴きながら、瞳を閉じればライブフロアが、目蓋の裏で一体になっている!楽しみ。

『ロスタイム』のMV撮影場所は陸上競技場ですが、メメタァの曲の数々に出会うことで、成績が上がるアスリートいますよ?スポーツ庁
まずは普段部活、学校、仕事を頑張ってるあなたへ。


www.youtube.com

ayatori(大阪)



このイベントのトリです。
今回のタイムテーブルをOSAKA MUSEの担当者と話し合った時、意見一致してました。

実はまだMVもないし、この出演者の中でサブスクがガンガン回ってるわけでもないです。
でも生でライブ見たら、トリに考えますよ。
ライブ動画もありましたが、もっと爆音です。笑
個人的に一番オススメは『生活』という曲です。サブスクでどうぞ

大阪のツインボーカルバンドですが、何となくねがえり。との組み合わせは面白いなぁと思います。互いのリスナーに届いてほしいですね。



www.youtube.com

遊津場pre.月間ベストソング大賞!~2022年7月度


扇風機買ったけど、結局エアコン。
遊津場です。
でも扇風機もあればあるでいいね。

先月は共催企画を発表しました!

OSAKA MUSEとはもうズブズブだし(言い方)、ついにがっつりEggsの入ったイベントを作りました。キュレーターになって3年、長かった。
僕のブッキングしたあるくとーーふ、00's Clubはもちろん、2月の企画にも出てくれたayatoriに東京の実力派のメメタァやねがえり。もいて、良い意味で心斎橋っぽくない、新しい日です!
学割もあるので、是非お越し下さい~

それでは全くフジロックは見てないけど、今月のオススメをチェック!



では、先月のベストソングと先取りアーティストを見ていきましょう!

July's Good Songs!!

【さすがのバンド部門】


www.youtube.com


RADWIMPS『人間ごっこ

野田さんの体積とか面積の描きかた、なんなん。
「限界を超える」の表現の引き出しありすぎ。
エレクトロなサウンドもすっかり板に付いたけど、まだまだ日本語で遊んでほしいし、そのままで世界に評価されてほしいなぁ。


おいしくるメロンパン『マテリアル』
◯ズーカラデル『ピノ

僕の健康に必要なもので、
おいしくるメロンパンからしか摂取できないサプリメントがあるし、
ズーカラデルからしか収穫できない野菜がある。
特にズーカラデルは“消えない“音楽を鳴らしているよね。


【今抑えておきたい!若手アーティスト部門】


www.youtube.com


◯Broken my toybox『青くなくとも』

青くなくとも、そのチャイムは鳴る、か。
老若男女、全偏差値、運動部、文化部、帰宅部、公立、私立、通信制定時制
全ての青春に、その青春ごとに意味を与えてくれるギターロックが生まれている!
更新してきたなぁ。


◯かずき山盛り『怪獣ファイヤ』

WANIMAのメロディセンス。
世界観に入り込めるAメロBメロ。
サビで突然中学生。
ヤバTとも違うし、あえてバカやってるような芸人とも違うし、独特な素直な脱力感がこのコミックバンドにはあるよね。




【今が脂乗ってる部門】


www.youtube.com


◯ねぐせ。『グッドな音楽を』

非の打ち所ないなぁ。あのポーズを振り付けにするアイデアも込みで。
耳馴染みの良いメロディに、軽快なダンスもできるキャッチーなサビがあって、でも良いところでカウンター性もあって、「音楽にはそんな力がある」と割りとデカいまとめ方しても、しっかりまとまってる。ねぐせ。のスケールのデカさ感じた。


◯ヨイズ×WALTZMORE『Powder』

この2人とAbsolute areaの山口さんの3人が、ここ5年の関東ロックバンドで歌唱力トップ3なんかなって思ってる。そんな2バンドのコラボ曲。
儚い歌声が重なりながら崩れ落ちていく最初のサビの破壊力がすごい。
真っ白のまま壊れていく、燃えていくという映像がこびりつく1曲。


【ジャンルレス部門】


www.youtube.com

◯和ぬか『ロックでキスfeat.もっさ(ネクライトーキー)』

ほんとみんなもっさすきだなぁ。
サビでハートマークが一気に花開く感がすごい。
Cメロは「そばにいるよ」だけで抑えて、サビを際立たせるの、Z世代アーティスト特有のキャッチーさな感じがするけど、これのロングバージョンとかも全然ほしい。
どこかひねくれた感じがあるのは、100回嘔吐さんがアレンジにいるのね。coalowlさんのMVじゃちょっと可愛すぎると思ったのは、そういう理由か。


◯にしな『ワンルーム

元々の代表曲をROTH BOAT BARONの三船さんが再アレンジ。
そもそも弾き語りverをしっかり聴いてなかったから、ラジオでこれが流れた時「にしなヤバっ!」ってなりました。
なんぼほども歌われた「ワンルーム」という情景で、また感動するとは思わなかった。スモーキーと三船さんは外れなし…


◯Rin音,クボタカイ,asmi,A夏目×CHILLOUT『What's up』

新世代のSSW、ラッパー4人が作ったチルでリラクゼーション全振りな曲。
同じように括られがちだけど、こう並べられるとバリエーションがあって面白い。ただ男3人の顔が誰が誰なのかは分からん。
この時代に二十歳なら、僕ももっとオシャレになれたのに…


月間ベスト先取りアーティスト大賞!


先月、厳選先取りさせていただいたアーティストは以下の7組です。

  • 情緒16号
  • Le illumine
  • 水彩とシーサイド
  • チャミークークス
  • スクールガールズエンド


このただでさえ相当有望なメンツの中、ベスト先取りアーティストは……





月刊少年アイロニー


www.youtube.com



<紹介ツイート再掲>

☆もっと深めてみる

秋田の現役高校生ロックバンド。
実は今、少し秋田の軽音界隈は力が入ってるんじゃないかと思っていて、その中で筆頭的な力を持っているのが彼女ら。noxicの影響力ってデカかったんだね。
どの曲も感性が素晴らしいというか、柔剛巧みで、若さならではのエッセンスも、普遍的なエッセンスもある。いじんなくていい!って思えて、どんな邦ロックリスナーにも伝えたくなります。
正直、高校卒業後も続けるのかなーと思ってたけど、引用RTで活動再開への熱い想い見えた…!
今年は高知から高校卒業後、アカネサスが全国的な活躍見せてるけど、来年は秋田から!

既にライブハウスで轟音を鳴らしまくる情緒16号から、どんなライブを見せるんだろうとワクワクさせる水彩とシーサイド、チャミークークス、富山のLe illumine。
Pablo HaikuAWAのラウンジで流して大好評。フジロック出てー。


今月も先取り様でした!

あーとーがーきー

またいろいろコロナも増えて、夏フェスにお目当てが…ということもあるかもしれません。
その際は、代打アクトを愛してみてください!

それでは、この辺で。