出会い厨より、情報厨

これがTwitterで次来るバンドを探す理由。プロフィール欄から読者登録お願いします!Twitter ID@sakidori_yutuba

【固定・随時更新】オススメ先取り紹介アーティスト一覧!!!

僕の紹介から3年後に誰もが知るアーティストになってます。と言えるような期待の音楽アーティストを先取りしています。

でも早く知ったからどうってわけでは絶対にないです。
しかしインディーズにも、ライブハウスにも運命を変える力を持つアーティストがいることを、早めに知ってほしいという老婆心ですね。
でも本当に売れてきているのが、結構出てきていて、とても嬉しいです。

紹介アーティストの皆さんには、
本当に勝手に申し訳ないです。
継続的に紹介し応援し続けます。

「※欠番」はなんかやらかしたとかではなく、今となっては不相応な当時から売れかけてるバンド紹介してたので、バランス取るために名前を伏せただけです。作りたては紹介の軸がブレブレで。



ぜひ、各種アーティストのTwitterアカウントとか入ってみてくださいね。


先取りアーティスト一覧!

☆2017年2月

1.メランコリック写楽
→ももすももすや、麻痺するポケットなどで活躍
2.arrival art
→yenca等で活動
3.The 3 minutes
4.※欠番
5.Black Tank Comebacks
→209.the old kinderbookへ
6.キツネアザミ

☆2017年3月

7.※欠番
8.ゆるふわリムーブ
9.gigi giraffe
10.雨ガエルと出鱈目
11.※欠番
12.レルエ
13.※欠番
14.おはようございます
15.tonetone
→チョーキューメイやソロで活躍
16.スピラ・スピカ(ex/スノーマン)
17.グッバイセブンティー
18.ナードマグネット
19.LUNCH-ki-RATT
20.脳内麻薬ズ→nagori
21.そこに鳴る
22.※欠番
23.雨のマンデーズ
24.SACCHICO
25.みるきーうぇい
26.朝眠る

☆2017年4月

27.NeneNone(ex.そのうちやる音)
28.Emu sickS
イチカバチカやZOOZで活動
29.AOI MOMENT(ex.桜草 )
30.KAKASHI
31.サスライナンバープレート
32.reGretGirl
33.夕立に笑う
34.ラリラボリッチ
35.しんきろうのまち
36.Egw Eimi
37.イトカムトビコ
38.moon side tetra
39.The BestAverage
40.Baby Leaf
41.かろうじて人間
42.※欠番
43.postman
44.Stella Letter
45.ぼっちぼろまる

☆2017年5月

46.SEKIRARA
47.2Mile
48.教育番組
49.Radicalism
50.FEEDWIT
→WATER KINとして活動開始
51.ChroniCloop
52.スロウハイツと太陽
53.THOMAS CAT
54.裸体
55.film girl
56.Unfitcooder
57.スーパーアイラブユー
58.TRY TRY NIICHE
59.あくとわん

☆2017年6月

60.加速するラブズ
→ULTRA CUBや浪漫革命、(夜と)SAMPOなどで活躍中
61.SUPER BIKINI JOHNNYS
62.the super cherry jam band
63.ナキシラベ
64.Blasha
65.Organic call
66.ofulover
67.イエスマン
68.Coo
69.※欠番
70.ポラロイズマリー
71.モノクロパンダ
→ソロなどで活動
72.ヤタガラスーパーマーケット本日開店
→RAUL
73.サテライタウン
74.Plot Scraps
75.The Mash
76.odd five

☆2017年7月

77.しらぬい
78.ank
79.An Sept.
80.fuzzy apple store
81.Eatscene
82.JACK=ON=THE=FIDDLE
→Zeppeliniled
83.梨帆→西片梨帆
84.the unglazed
85.くだらない1日
86.peeto
87.carpool

☆2017年8月

88.LIFE CORE FACTORY
89.Made in Me.
90.いつまでもそのテンポで
91.yeti let you notice
92.ARES INWARDS
93.FINE MOTION
94.toitoitoi
95.然れど
96.Curtaincalls
97.ラパンテット
→SHiPPO

☆2017年9月

98.Dr.FOOL
99.MOQJI
100.レベル27
101.sankanshion゜
102.10.8℃の世界線
103.SaToMansion
104.ふつつか少女
105.ごん
106.atelier room
107.Broken my toybox

☆2017年10月

108.長靴をはいた猫
→とおのねむり、イノウエケンイチ
109.Rock climb→na na si
110.Mr.Nuts
→我楽多倶楽部のメンバーに
111.あのね

☆2017年11月

112.モノクローグ(第一章完結)
→タケトモアツキ→アツキタケトモ
113.シベリアンフィッシュツリー
114.night limit(解散)→ I'm
115.I have a hurt
116.Basement Side
117.ULTRA CUB
118.ネノコクランク
119.melt into the cream

☆2017年12月

120.SUGERLUNG
121.ZINNIA
122.Actless_
123.ミスターリトルブレイブ(ex.fibgloo)
124.I Live in My Town
125.Mez-zo-forute
126.iloli
127.スペースロジー


2018年よりブログにて「月間先取り大賞」スタート!
◯が付いているのは月間大賞アーティストです。


☆2018年1月

128.Temmie Apologize
white whiteとして活動
129.ellie(前:from now on)
130.ロマネ
131.まちがいさがし
132.super aruca
133.Litone of us
◯134.暁音→akane
→声にならないよ

☆2018年2月

135.w.o.d.
◯136.立ち耳スコティッシュフォールド
137.Mr.ふぉるて
138.フェイクブルー→Vo.きゃないがソロで活躍
139.チョコレートちょうだい
140.あの娘はウォンバット
141.かたこと
142.BurGerk

☆2018年3月

143.RUBBISH
144.I miss you…oh,I miss you
145.Chronograph
◯146.93°
147.insomnia girl
148.The tiny
149.Guest room
150.unsmoker
151.雨について。

☆2018年4月

152.kawaru gawaru
153.My Song is Yours
154.スキッツォイドマン
155.BruteRocks
◯156.もう二度と逢えない私へ
→Nimo Colchicum

☆2018年5月

157.OKOJO
158.カムラミカウ
159.sonosheet
◯160.chick in wisteria
161.Fow two.→Mega Shinnosuke
162.グスタフの寝癖

☆2018年6月

◯163.Depressed disorder in December
164.The Shiawase
165.ROKI
166.necozeneco
167.諭吉佳作/men
168.Bakyun the everyday
169.Re:name

☆2018年7月

170.とうふメンタル
171.Newdums
172.Sourire
→Buttercup
◯173.pastleaks
174.CRYAMY

☆2018年8月

175.Youmentbay
176.Ribet towns
177.UMEILO
→MoLseなどで活動開始
178.いつかのネモフィラ
179.Rocket of the Bulldogs→Hyuga
180.Sleep Slope
→揺らいで凪や、THE 118'sサポートなどで活動
181.Teenager Kick Ass
◯182.Fancy Girl Cinema
183.プランクトン
184.秋山黄色
185.ソレチュウ
→POOL ICE MOONやOchunismで活動
186.ラッコ手を継ぐ。

☆2018年9月

187.五秒ルール
188.Mr.Seaside
189.田高健太郎
190.ToyJoy
◯191.nee→NEE
192.リュックと添い寝ごはん
193.The Muddies
194.高浪凌→タカナミ→ジュウ
195.ピローマン

☆2018年10月

196.goomiey
197.Alu.
→eLeで活動中
198.sandysunny、ine
199.eternal17才
→yubioriで活躍
200.Atomic Skipper
201.コトノハタラズ
202.SuperBack
◯203.grumble grumble
204.the average

☆2018年11月・12月

205.CENTRAL DOGMA
206.The mono-Curation
→the pulloversやthe scentedなどで活躍
207.CVLTE
208.CASANOVA FISH
209.the old kinderbook
210.Man'hattan Holiday
211.LUCY IN THE ROOM
212.ヨルトエ
213.花冷え。
214.shandy Wz
○215.EGGEST


2018年ワイルドカード
→insomnia girl

2018年間大賞!
→立ち耳スコティッシュフォールド

2018ベスト先取りインディーズ15: https://www.youtube.com/playlist?list=PLDVAI7PNXp1MHMpLpvthkbvDX7csPZGOs




☆2019年1月

216.Cody・Lee(李)
217.プッシュプルポット
218.遠藤理子→一旦役者業専念へ
219.オレンジスパイニクラブ
220.ネコゼ
221.Mellow Youth
222.Marie Louise


☆2019年2月

◯223.Ezoshika Gourmet Club
224.harue
225.初恋モーテル
226.SOLITUDE A SLEEPLESS NIGHT
→Eversolitude
227.Marry me→oicase
228.成田あより
229.aoni
230.RAYM RANDO(ex.offshore)


☆2019年3月

231.savior
232.aiae.
→アベタクジなどで活躍
233.Liquid liqueuR
234.アトノマツリ
235.サンプリエ
236.マタノシタシティー
◯237.ヒライ
トロイメライ
238.NO BORDER


☆2019年4月

◯239.my sister circle
240.ヨセアツメ
241.Limited街道
242.日々を嗤え
243.Foods


☆2019年5月

244.allicholy
245.ニモニック
246.アポロノーム
247.sweet rain
◯248.ルサンチマン
249.SULLIVAN's FUN CLUB
250.ロップランク


☆2019年6月

251.THE KITCHEN
252.月追う彼方
◯253.明るい赤ちゃん
254.THE KING OF ROOKIE
255.firefly


☆2019年7月

256.amanojac
257.plum
258.S.peranza
259.Hitode Filaments
260.C Case
261.Pygmy I'm cricket
262.藍色イマージュ、TIDAL CLUB
◯263.MINOR THIRD


2019年8月

264.THE118's
◯265.School Meets Geek
→アスノポラリス、シンガーズハイで活動へ
266.Yorimichi
267.cadode
268.anewhite
269.The Bug's(ex.Merry Side Story)


2019年9月

270.晴れ時々響の雨→不眠旅行
◯271.A veny pafa
272.Lyric Jack
273.ミテイノハナシ
274.Jam Fuzz Kid
275.弥生時代の末裔


2019年10月

◯276.lungs rose→matatapiaで活動
277.The Papaya Collections
278.NaughtyCrow→おはらはな
279.古墳シスターズ
280.toronto
281.鉄風東京


2019年11月・12月

282.システム、オール、グリーン
283.Reversi!
284.Ochunism
285.One of the sound
286.全力人間ランド
◯287.あるゆえ
288.松田美妃→matsudamiki
289.Ememy→セイカツノスベテ
290.Pale to Alicia


2019年ワイルドカード
→allicholy

2019年年間大賞!
ルサンチマン



2020年1月

291.ユメゾメ
292.ANVITAUPE
293.Conton Candy
294.Rainscope
295.escapes
296.少年のように
◯297.minori
298.Eelift(ex.eel)


2020年2月

299.crap clap
◯300.でかくてまるい。
301.The Chain Ups
302.Laughing Hick
303.TEAR
304.chillspot→chillzpot→chilldspot
305.破滅ロマンス


2020年3月

306.Adler
307.PEOPLE 1
308.続きはらいせ
◯309.moreru
310.藍色アポロ
311.破壊光線
312.ginger
313.peanut butters


2020年4月

314.DAYBAG
315.FIVE LEAF CLOVER
→Kulgulyのメンバーに
316.Blue Mash
317.横浜サンポジョン
◯318.あるくとーーふ
319.MOTHER
320.ミエル


2020年5月

◯321.Euphoric Album
322.Yobahi
323.poor man's rose
324.molly
325.SPRINGMAN
326.Candid moment


2020年6月

327.EVI
328.THE HOPKINS
329.レストナ
330.細井鳴り
◯331.bokula.


2020年7月

◯332.EMIRI
333.etc.
334.リスキーシフト
335.todo
336.エホンノセカイ
337.ハク。


2020年8月

338.Subway Daydream
339.CUB
340.今日は白シャツにしようかしら
341.CC81
342.Broken kangaroo
○343.Last Lady→ニイナ


2020年9月

344.マハラージャン
345.O.O2
346.hananashi
347.エレガンスハイツポピー
348.kokage
349.UtaKata
350.菅谷諭杏
○351.脳内狂騒


2020年10月

352.Motto Pog
353.ベロニカ
354.ネオンテトラ
○355.The Moment I Decide
356.スケアクロウ


2020年11月・12月

357.35's Town
→その感激と記録、THE NOBESで活動
358.pachae
○359.00's Club
360.浮遊信号
361.Girls in MoonGold-roid House
362.少年キッズボウイ
363.チョーキューメイ


2020年ワイルドカード
→Candid moment

2020年年間大賞!
→bokula.


2021年1月

364.パブリックインベーダー
365.地球から2ミリ浮いてる人たち
366.35.7
367.すいそうぐらし
368.yodomi
369.Rudo
○370.AGE→鋭児
371.G över→G over


2021年2月

372.Tensions
373.high jumpmaster
374.山本狼煙
375.Finder will Karte
○376.WARS iN CLOSET


2021年3月

377.ぽこぽこ緑茶空間
378.Gum-9
379.みなみ
◯380.アロワナレコード
381.Qüalm
382.ha:lu


2021年4月

383.The right
384.Looisbos
◯385.茉莉花
386.Sleepless Sheep
387.Fusee
388.街々
389.フミンニッキ
390.parole
391.Unpleasants


2021年5月

392.kyamie
393.世界電球
394.板歯目
◯395.MOCKEN
396.tambi
397.Hot Tub Cinema
398.C子あまね


2021年6月

399.electric scooter
◯400.夕方と猫
401.Lander
402.GARAGE DOG!!
403.ayaka


2021年7月

404.二月革命
405.Piece of Works
406.HIZAKURIGE
407.帝国喫茶
◯408.Chevon
409.音速ばばあ


2021年8月

410.新東京
411,millit
412.Crab 蟹 Club
◯413.AIRCRAFT
414.終日柄
415.じぇいど町


2021年9月

○416.徒然書簡
417.ウマシカて
418.overused
419.TRACK15
420.Adam's miss
421.マリースメック


2021年10月

422.雪村りん/トンボコープ
423.実験的音楽
○424.弁天ランド
425.Kamisado
426.Young Kee


2021年11月・12月

427.AMERICAN DREAM EXPRESS
428.毎晩揺れてスカート
429.THE NETMAN
○430.ひとひら
431.反社会的サンダル→超★社会的サンダル
432.憧憬と傘
433.Fremeny
434.RIP DISHONOR


2021ワイルドカード
→G over

2021年間大賞!
→MOCKEN


2022年1月

435.Soar
436.Poison Pop Pepper
437.ボウリングパーティ
438.puleflor
439.変心芙蓉
440.En
○441.the Hz


2022年2月

○442.アダムとイヴ
443.述。
444.健やかなる子ら
445.Kureai
446.Rey Fallet

2022年3月

447.The 奥歯's
448.猫背のネイビーセゾン
449.サバシスター
450.MONONOKE
451.Aotenjoe
452.モラトリアム
○453.iwaty

2022年4月

454.森の中のねこまんま
455.サバノオミソニー
456.qualia
457.SEAGLASS
○458.カライドスコープ
459.氷夏


2022年5月

460.アカルミ
461.花想い
462.My Peace
463.オレンジの街
◯464.シヴァネコ


2022年6月

465.新亜並行空間
466.アザーカット
467.Love de Okapia
468.メとメ
469.からあげ弁当
470.Hate This Town
◯471.発狂ボーイズ


2022年7月

472.情緒16号
473.Le illumine
474.Pablo Haiku
475.水彩とシーサイド
476.チャミークークス
477.スクールガールズエンド
◯478.月刊少年アイロニー


2022年8月

479.606号室
◯480.ヒノきのぼうとおナベのふた
481.握りしめた2円
482.muque
483.SAYONAKA


2022年9月

484.AYARI MiSASAGi
485.かたるくりこ
◯486.Uncurtain
487.amayo
488.つきみ
489.CheChe
490.Pale Moon


2022年10月

◯491.ここで生きてるず
492.三四少女
493.goodnight Julia
494.極樂万博
495.An Raven
496.降之鳥

2022年11月・12月

497.ヨスガ
498.オトノモト
499.Allay Home
500.oOo
◯501.ちゃくら
502.holoyoi
503.お勘定倶楽部


ワイルドカード→からあげ弁当

年間大賞!→発狂ボーイズ



2023年1月

504.hardnuts
505.No.MEN
506.青とフーカ
507.ANOMA
508.GREEN GIRL
509.ハニカム
510.WTSKZ
511.ドウガネブイブイ
512.短編画廊



※随時更新!

月間オススメ先取りアーティスト最新MV集~2023年1月

お抹茶にはまっちゃえ~
今年もMV推しでいきます!


☆2023年始まると同時に投下されたカウントダウン
ここで生きてるず『地球型時限爆弾』


www.youtube.com


☆マイク1本で切り開く漢
Hyuga『セカンドステージ』


www.youtube.com


☆背中を押すアニメ主題歌!
Subway Daydream『Stand By Me』


www.youtube.com


☆“ 何色の未来が来たって愛してる ”
OKOJO『猫舌』

www.youtube.com


☆ビバラロック出演決定!
bokula. 『FUSION』


www.youtube.com


☆こういう靴を履きたいよね
Rudo『period』


www.youtube.com


☆気合系ぶっ壊しテロリストが確かに襲来している
つきみ『うそロック』

www.youtube.com


☆また1つ灯火となる歌が生まれた
UtaKata『ヒトリヨガリ

www.youtube.com


☆ただの世紀末じゃなかった
amanojac『1999』


www.youtube.com


☆なんかRudoと対バンしてほしいかも
TIDAL CLUB『ワンダーランドと延滞料金』


www.youtube.com

月間オススメ先取りアーティスト最新MV集!~2022年12月

終わるな、冬休み。
引きこもれ、人類。
そしてMVを見よう。


☆祝メジャーデビュー!品ありピアノロック
プランクトン『終末時計の音が鳴る』

www.youtube.com


☆集大成と語ったギターロック!
shandy Wz『パレードが鳴る夜に』

www.youtube.com


☆関西で今年注目の1組
握りしめた2円『地球宛に僕からの手紙』


www.youtube.com


☆神超える世代の咆哮!
SULLIVAN's FUN CLUB『2000』

www.youtube.com


☆島根から出てるぞ、むき出しの愛。踊り出すのさ!
DNA GAINZ『ラフラブ』

www.youtube.com


☆もう大型フェスの姿、何よ(恍惚)
NEE『バケモノの話』

www.youtube.com


☆これぞロックスター
Mega Shinnosuke『サラバ宇宙、彼方未来』


www.youtube.com


☆夜も星も似合うバンドなんです
DAYBAG『流星街』


www.youtube.com


☆彼らなりの正統派EDMロックサウンドを感じる
レルエ『YORU』


www.youtube.com


☆今年はリアルライブしてほしいVol.1
G over『未来の話』(海外から評価高いな!?)

www.youtube.com


☆結局ロックはこれなんよ
ジュウ『バビロンズ首都高』

www.youtube.com


☆着実の広まった1年
MOCKEN『Over fall』

www.youtube.com


雄大なロックを鳴らすバンドは絶対必要
Kureai『Blue』

www.youtube.com


☆一風変わったドライブソング?
不眠旅行『カントリーロード


www.youtube.com


☆2023期待のニューロマンス
シヴァネコ『待ち遠しいの!』

www.youtube.com


☆来年の新曲はアニメ主題歌も決定するし、
 これは早くラジオ局のヘビロテに使われるべき
Subway Daydream『Radio Star』

www.youtube.com


☆今年はリアルライブしてほしいVol.2
Crab 蟹 Club『百鬼舞踏』


www.youtube.com


☆2023年の若者世代にハマる予感プンプン
606号室『君のことは』

www.youtube.com


☆昨年末に一気にハマった
少年キッズボウイ『ぼくらのラブソティー


www.youtube.com


☆再録、そして次のステージへ
あるくとーーふ『悪役のはなし』

www.youtube.com


☆待ってるだけじゃ 十三月は来ない!

チョーキューメイ『十三月の銀河』


www.youtube.com


☆ライブシーン復活の代表格へ!
bokula.『ハグルマ』


www.youtube.com


☆涯の涯に鳴る音
とこしえのあと『2997』


www.youtube.com


☆鮮やかに咲き誇れます
あるゆえ『極楽鳥花』


www.youtube.com


☆また印象の変わるノれるサウンド
ayaka『Know what I mean?』

www.youtube.com


☆モクモクブロッコリードグマグサウンド
DOGLA MAGLA Fanfare『MOKUMOKU』

www.youtube.com


☆冬もanewhiteの季節(てか四季全部)
anewhite『君と月、会いたい夜に。』

www.youtube.com


☆やっっっとライブ見れた
プッシュプルポット 『最終列車』

www.youtube.com


☆いつも以上に未来になりたがる景色
弁天ランド『白朝夢』

www.youtube.com


☆今日もイベンターの人と「何か引き込むものがありますよね』って話になった
amayo『ミッドナイトサン』

www.youtube.com

勝手に2023年のバンドのトレンド予測

【ウィズコロナ元年】
→ライブシーンで評価されるバンドの注目度が増す&できればネクストSaucy Dogも見つけたい
→この時を見越してライブを重ねてきたバンドの、いろんな意味での爆発が求められる一年


Tiktokでの音楽発掘&発信が常態化】
→15秒で引き込む歌詞や印象的な音が大事な時代は変わらない
→ただ最終判断は"生"という機会は増える


【Eggs発や高校軽音発バンドが飽和状態】
→メジャーデビュー組も出始めて出揃った感&最近はMVからバズるケースが散見
→より逸材は絞り込まれる
ネクスト髭男、ネクスKing Gnuレベルの強烈な個性が求められそう

【軽いまとめ】
歌詞が端的ながら、オリジナリティがありつつ、ライブは爆裂!みたいなバンド。
そんなん、もちろんいつの時代も重宝されるけど、「新世代はこいつらだ!」とピックアップされる年になるだろうな。
あとちょっと違う層に届けば、有効なタイアップを手に入れれば、一気にいきそうなのが、15バンド思い付いた。
その中から、Mr.ふぉるて、KALMA、南無阿部陀仏、ヤングスキニーが作った良い流れに乗れるのは誰か、逆に崩すのは誰かということだろうね。
カネヨリマサルに続く本格派女性ボーカルバンドも増えるでしょう。個人的に性別での区別は嫌いだけど。


【個性派・テクニカルで世界観のあるロックバンドも飽和状態】
→音大卒のKing Gnuやマカロニえんぴつ、圧倒的実力と経験を兼ね備える髭男やsumikaが覇権を握る今。
→そういったバンドの次世代候補はNEE、Cody・Lee(李)、リュックと添い寝ごはん、クジラ夜の街、chilldspotの登場で落ち着き気味。こちらはあと2,3バンドくらい。
→個性派ミュージシャンの卵はバンドじゃなくて、ネットでの活動を選んでるのかな。しかし、
【ネットシンガーも飽和状態】
→やっぱり各曲の差が大きくなくて、サイクル早すぎ。一発で大きくなりすぎた分、大抵次がない。そもそものファン層が音楽そのものには興味薄いのかも?
→リアルでも戦えて、引き出しも多いのが求められる(PEOPLE1、meiyo、ぼっちぼろまるetc)。



去年までが過渡期だったと予想!
アフターコロナ世代とまとめて世代が形成される年になるか!
あえてそのプロスペクト組の実バンド名は出しません!なんかまとめるのダサいやん!知りたきゃこっそり教えます

さて、どうなる2023!?

2022年遊津場ベストソング20!



さぁ今年の20曲!
インディーズアーティストのベストは緊張もあるんですが、こちらは気楽にね!

♯邦ロック
♯インディーズ
♯ライブハウス
♯ライブ企画者
♯ライター

なんかこういう目線で見てます!
音楽オタクと言っても、目線は違うものです。
それではどうぞ!

20位 Mega Shinnosuke『サラバ宇宙、彼方未来』


www.youtube.com


ロックスターじゃん。

今となっては、新時代のソロアーティストの先駆けとさえ感じるMega Shinnosuke
まだまだ全然若手だけど、それくらいソロアーティストが良い意味でも悪い意味でも増えてる。
そんな雑多な中でも、スピードを落とさず未来に向かっている彼のスタイルを象徴している近未来的なロックナンバー。
ヒット作を数年生み出し続けている中で、いつまでも”近未来”という言葉が使える希有なアーティストだと思う。
裏を返せば、彼に追いつけず、似たり寄ったりなソロアーティストで妥協しているリスナーも多いのかも…?
ついてこーい!

星屑のアイデアを彼方へと
ボクを愛せるように。
理由なんか無い方が
どこまでも飛べる気がしてさ

19位 少年キッズボウイ『ぼくらのラブソティー


www.youtube.com


来年、とんでもねぇわんぱく集団がやって来る!

元々2年前くらいから、あらゆるオーディションで名を連ねる実力派で、
そこからちょっとずつちょっとずつ個性が確立していって、春に発表した『南池袋セントラルパーク』も良い曲だった。
そしてその1つの到達点かつ、ここからの狼煙となるような楽曲が今年に間に合った!来年は音楽好きの心を次々と奪っていくでしょう。

メッセージ性も強いけど、それをすごくピースフルに際限なく鳴らしていて、ダイレクトに音楽の力を感じれる1曲です。

ベイベー ぼくらが生まれた街で
海賊たちがみんなを殺す

18位 ねぐせ。『グッドな音楽を』


www.youtube.com

時代を担うポップロックメンズの強さ!

もちろんティーン層だけじゃなく、誰でもノれやすいリズムは、センスとかなりの量のライブを重ねた努力の賜物でしょう。
裏腹に歌詞はネガティブな感情や失敗してきた心情をさらけ出しながらも、「うん、そうだよね!頑張ろう!」と最終的に思わせる。
言葉数が多いという曲でもないけど、端的に沢山の思いが乗っていて、気軽に聴けるけど、味わいも深い。

様々な声があるバンドだし、それでいてこういうMVだと、また声は出てくるものだけど、
それを賢しく躱すんじゃなく、真正面にグッドな音楽を届けていくという決意も感じて刺さりますね。

気が沈んだ時こそ聞いてみよう
音楽にはそんな力がある

17位 電波無限大『サカサマデイドリーム』

今年のNo.1コラボソング!
今年めちゃめちゃバンドのコラボ曲、多かったけど1番です。
どんなコラボかはググってください。

今年の若手バンドのポップソングとして、前述のねぐせ。も強いけど、
さすがに4バンドがタッグした曲が良かったら、その上に置かざるを得ない。

単純にRe:nameの洋楽感、バイハンの奥深いスケール、the paddlesのゴツゴツとしたパワー、CAT ATE HOTDOGSのワクワク感が足し算。
土台のメロディも強くて、だいぶ4バンド+このコラボ企画を進めたFM802が、このメロディの上で飛び跳ねちゃってるけど、踏めば踏むほど楽しさが増強されている。
ライバルでもあり、同世代の戦友でも彼らの絆と関西ライブハウスシーンへの愛で溢れた1曲です。

WHEELが加速していくHarmonic!

16位 KANA-BOON『メリーゴーランド』


www.youtube.com

原点回帰のらしさ全開ナンバー!

高速ロックってわけじゃないんだけど、
キレとテンポで、否が応でも心が弾んでしまう感じ。
それでも2分台の曲じゃなくて、4分以上しっかり聴かせるのは、
00年代のギターロックの影響受けた彼らのらしさ。
少し年季が入ってきたのも相まって、より良い。
芸人で例えるとNONSTYLE
最終的に50代くらいでも聴いているのはKANA-BOONかもね。

MVはコインランドリー、クセのあるダンス、謎の美女、オフショットと、若手バンドにありがちなもの全部詰めている。わざとでしょう。

何十何百何千何億何十億何百奥何千億
その中から一番大切な言葉を選べるように

15位 official髭男ism『ミックスナッツ』


www.youtube.com

こんなカッコいい「胃もたれ」を聴いたことない。
太田胃酸もびっくり。

やっぱりボーカルが圧倒的です。
「know〜〜!」とあんなに強くハイトーンかましながら、「仮初まみれの日常」になんであんなスッと戻れるん?
すごい印象を残してくれるから、歌詞もすごく覚えやすいんだよね。そしてカッコいい。

その他、ギミックとボーカルの凄みが多すぎて腹いっぱいです。
ちなみにSPY FAMILYは一期だけ見ました。

仮初まみれの日常
だけどここに僕が居て あなたが居る
この真実だけでもう胃がもたれていく

14位 ズーカラデル『ピノ


www.youtube.com


なまらちょうどいい。

ここまで偶然にもポップ色が強いロックが続いてますが、
この曲が僕にとってあらゆる項目で一番ちょうどいいです。
この曲はポップというかカントリー寄りかもしれないけど。
力が抜きすぎても、入れすぎてもない。
でも重みはしっかりあるんだよね。
無駄もあるわけない。

ある意味ズーカラデルは殿堂入りにしてもいいような安定感です。

思いつくかぎりの
簡単な愛の言葉を あなたに話す
僕ら 残る時間でどこまで行ける?
できるだけ早足で歩く

13位 Unpleasants『ほろり』


www.youtube.com

このダークホースを聴くのです!
失礼ながらあなた絶対知らないと思います。

そもそも高校生バンド。
関東の高校生バンドシーンは宝の宝庫で、常に業界人が貼り付いています。
ただ実はそのシーンにいるかと言えば、そうでもないんです、このバンド。

でもだからこその無添加の、まさにタイトル通りの”ほろり”感。独特な緩急にほぐれます。でも最後は拳を握り締めます。
なんか実家の畳の上で聴きたいわ。

不幸の上に愛があんだって
教えてくれないのはかつて誰かが
同じ轍を踏んでいたから
そう、どうでもいんだって
構わない構わない
おいでおいでよ

12位 Ado『新時代』


www.youtube.com

やっぱAdoってすげえんだな。

昨年からあれだけ世の中を席巻しながら、今年も全く衰えなかったし、それで「新時代だ!」と叫ばれたら、もうジャンヌダルクじゃん。
たしかにパラレルワールドへ誘う力がありますし、中田ヤスタカもこんな真正面なのもいけるんだね。

ちなみにFILM REDは見てません。
ネタバレは読んだけど…。
Adoも健康には気をつけてね。

世界中全部変えてしまえば
変えてしまえば…

11位 NEE『月曜日の歌』


www.youtube.com


クレイジーリアリティーファイトソング。

月曜日の持つ特有の不気味さ。
前職でシフト勤務の仕事に就いていて、別に日曜日が定期的に休みじゃない日々を過ごしていても、それは感じるものです。
そして今、日曜日は基本休みで翌日仕事なってる今、やっぱり刺さってます。

でもシンプルに元気付けるとかじゃなく、NEE側もなんか月曜日という魔力に狂っちゃいながら、月曜日に送り出しちゃってるんだよね。
ゆえにより、この曲には信頼を込められます。
ちなみに作詞のくぅさんは、クラスに馴染めない人間の歌とコメント出してました。

戦ってばかりの主人公の謳歌

10位 さユり『DAWN DANCE』

DAWN DANCE

DAWN DANCE

アルバムで唯一MVやタイアップのない曲。
酸欠少女のMVは見てて凄く脱皮感があって好き。

まず5年ぶりとなったフルアルバムは、今年のアルバムの中でも傑作です。
その中でも一段、二段、三段とパワフルな歌声。彼女はもはやパワフルな歌声という表現じゃ収まりきらないけどね。
もう近道とかないんだな、と教えられます。
ラスサビ前の「ドーン!ドーン!」と音が合わさるとこ聴くと、
寄り添うとか、背中を押してくれるとかじゃなくて、本能で動ける。

階段を作るのだ明日へ
まず一段二段三段四段と

9位 Rudo『象る』

象る

象る

  • Rudo
  • ロック
  • ¥204

これ、歌われてきた「生活」の答え。

この曲を聴くと、自分の輪郭が本当にハッキリします。
そして自分が今、何分咲きなのかも分かります。
今、自分の生活を確かめたい人に贈りたい歌。

事務所所属も決まり、ここからさらに届く人が増えるのは違いない。
あなたが求めていた進化したロックのスタンダードがここに。

形のない生活から私を切り取り
今を象れたならば
ただ前を過ぎく無機質な時間も
いつか振り向くだろうか

8位 Aimer『残響散歌』


www.youtube.com

『紅蓮華』のハードルを越えた!

落ち着いた歌声がどんな風に鬼滅の刃と絡むかと思ってたら、派手じゃねぇか!踊れ!踊れ!
でも「鬼が潜む夜感」は消えない。このバランスが魅力。

というコメントをAWAで出したんだけど、結構好評で嬉しかったです 笑
まぁいつ聴いてもテンションが上がる曲。この煌びやかさは一生消えない。
ちなみに遊郭編は見ました。

どんなに深い後悔も
どんなに高い限界も
掻き消して 残響

7位 SEKAI NO OWARI『Habit』


www.youtube.com

大人の俺が言っちゃいけないこと言っちゃうけど
説教するってぶっちゃけ快楽

この歌詞はやっぱり面白いし、このキャリアで出しても受け入れられるのは彼らだけでしょう。しかも映画のタイアップ曲でしょ?

ダークなセカオワは元々好み。
でもコミカルな感じ、メンバーの父親・母親になって生まれた特有のゆとりが出てる感じ、
そしてMVではFukaseさんの俳優経験で培った魅力も出てるようで、
本人達も「まさか」だろうけど、4人の魅力が全部出ちゃったーってなってるのではないか。

Tiktok攻略もセカオワには簡単すぎたね。
もう一度既にロックシーンを変えてるバンドの1組だからね。



6位 Organic Call『ブルーアワー』


www.youtube.com

この世にたくさんある、夜明けの曲の中で、突き抜けて早い。
世界がまだ今日の空気をまとう前に、爽快に鋭く鳴らされる。先制攻撃にこのパワーは、アルゼンチン代表も驚くよ。

あとその年のベストライブはやっぱり公表しにくいところがあるから、毎年公表してなかったんだけど、
今年、お客さんとして見たライブでは、圧倒的に「東京日輪音楽祭」のOrganic Callだと言わせてください。
まだ言葉にしにくいところがあるけど、このライブを見て、バンドがライブすることがちゃんと世のためになってると確信できた。
完璧な答えではないんだけど、ミュージシャンは、最強のサービス業なのかもしれないと思ったから。

その気持ちもあって、今年後半によりこの曲が刺さりました。
来年もオガコには目が離せない。

零れ出した涙はいつか君を救うのさ

5位 seeeeecun『Okay Monster』


www.youtube.com

あかんて!それ全社会人が子供に見せないように隠してるものよ、seeeeecun!

元サラリーマンすぎる歌詞が、あまりにも社会人リスナーに刺さる。いっそのこと体がバラバラになればいいのに、五体満足な自分がいるところとか…母親には「大丈夫」と答えているところとか…

めちゃくちゃギンギンなロックサウンドだけど、思わず真顔で聴いてしまった貴方。仲間です。

愛は足りてる?
Iは足りてる?

4位 ルサンチマン『忘れそう』


www.youtube.com

この曲の強さは文字で伝えるには限界があるので、図で伝えます。

マジでふざけてはなくて。
でもこの心のぶっ壊れたバロメーターは、誰しもが持っているものでもあって。

ルサンチマンはバンドという形を選んだ。
「君は何で?」と問われている気分になる。
いつかHALのCMやってほしいね。

幸いだ 僕は だってこの先は 想いも 記憶も 全部歌える

3位 マキシマム ザ ホルモン『刃渡り2億センチ』


www.youtube.com

最強で唯一無二の1分半。

荘厳なイントロ。
カオスすぎて普通許されないサウンドと歌詞が襲いかかる1番。
突然のララバイ。
そして全てがキラーワードのサビ。

チェンソーマンに対して、これ以上ないセンテンス。この血と血のぶつかり合いは、さすがにここ最近のホルモンの中で、一番リスナーの性癖を狂わしたのでは。

これはフル尺?
ぶっちゃけもうこれで完成されてるけど、ホルモンなら、さらにコッテリ増し増しにするんよな…血液ドロドロになっちゃうよ…おかわり…

ちなみにチェンソーマンは見てません。
グロいの嫌い。
でもこの曲で作品のイメージやキャラクターまで伝わるからすごいのよ。

この溜まる溜まる血みどろを
ただキミにキミに捧げてた

2位 藤井風『まつり』


www.youtube.com

地球から連れ出してくれるんだけど。
ユートピアすぎる。
でも曲から匂うのは、田舎の夏祭りのあの土の匂い…
目を閉じれば広がるのは、子供のキラキラした笑顔…

あ、やばいやばい。魘夢に眠らされていた⁉︎
藤井風は鬼⁉︎
いやぁ炭治郎でも無理だと思うぞ…

なんかもうそれくらい。
フィクションの世界みたいなのと、日本人の和の精神のリスペクトを、両方感じることができる。
ライブ動画だと、さらに人の力でこの曲が増強されていて、ヤバイなと思いました。

ところで鬼滅の刃の例えは伝わったかな…

比べるものは何もない
勝ちや負けとか一切ない
ない ない


そして1位は、恐らく予想通りです!

1位 official髭男ism『Subtitle』


www.youtube.com

もうこれ以上の説得力のある冬のラブソングは出てこないんじゃないか。
音楽を好きになってから19年、齢30で思ってしまいました。

「言葉はまるで雪の結晶」
だから字幕で残すこと。


え、この歌詞は紫綬褒章かなんかもらえませんか?
何度読んでも感動してしまう。
短歌や俳句でもなく、小説でもなく、歌の言葉として過不足ない文章。
読んでいて手に取るように分かる温度感と、登場人物の表情、エンドロール。
しかも、ドラマの世界観とマッチさせる。
ちなみにsilentは、、、見てません。

髭男はすごい!すごい!とずっと最近言われ続けていて、その凄みを感じる一方、
僕の中ではまだちょっと"POPすぎる"・"どことなく平成が残ってて古い"って感じがあり、刺さるとまではいかなかったんですよね。
単純なひねくれもあったと思いますし。

でもこれは完敗です。
しかも音色も音飾も、かなり変だよね?
コード進行までは分からないけど、かなり入り組んでいる印象…
でもしっかりある王道感。
もう横綱

それでいてこれは完全にフィーリングですが、ミックスナッツもSubtitleも、今までの藤原さんよりもすごくエモーショナルに感じたんですよね。インディーズ好きはエモにも弱いです。

髭男、藤井風、あとKing Gnuで、ぜひ世界に日本の音楽の素晴らしさを届けてください!

雪が溶けても残ってる

遊津場pre.2022年先取りベストアーティスト年間大賞!






眠い日は18時まで眠い。
遊津場です。

今年も毎月5~8組ほどのアーティストを新規に紹介してきました。
もう5年間!こんなことやってるのですが、
まぁそろそろ「あの時先取ったバンドが!」、逆に「先取れなかった・見送ったバンドが!」大型ロックフェスの若手抜擢ステージに出始めてます。
ある意味、この活動の答え合わせをしているように感じた年ですね。
楽曲が圧倒的なバンド、
ライブ見ないと分からないバンド、
SNSなどバンド運営が上手いバンド、
言える言えないブレイクポイントは沢山です。

それゆえに蓄えてきたものはそれなりにできたきたと思いますし、
だからこそ逆に「それは早すぎてアカン!」と思うインディーズ紹介を見る場面も増えてきた気もしてます。
紹介アカウントとはいえ「先取りたい!」というエゴが強すぎたら、やっぱりダメです(というか消えます、そんなアカウント)。

一度サーキットイベント紹介の時にも書かせていただいたんですが、魅力的かつ、耐久性のあるアーティストの音楽を今後も紹介していければなと思いますので、よろしくお願いします。

そういう視点の中、今年紹介させていただいた69組は、どれも素晴らしいアーティストばかりです!
どのアーティストもフラットに応援し続けるよう進化できればと考えてますが、
その中でも、選りすぐりの月間大賞12組から、年間大賞を発表していきます!
コンテストでもなんでもないけど、この12組全組にとって、本気できっかけのきっかけのきっかけになることを願って!

まずは全体のまとめ

これは本当に全然狙ってないんですが、東京からは1組だけになりました。
地方が盛り上がった年かと言われれば、むしろ大型フェスやサーキットイベントが本来の姿に戻り、都市部のほうが盛り上がってたイメージだったんですけど。
都市部のインディーズシーンは、新しいの見つけるというより、コロナ禍で出てきた若いバンドを存分にラストさせて、真価を見る年だったのかもね。

その中で個人的には関西のライブシーンが新たな時代に突入、かつ伸びてくるスピードの早さやバラエティの豊かさが増したと感じました。
Uncurtainのようなクリエイティブだけど、しっかりライトなリスナーにも届ける大阪のバンドは新しかったし、からあげ弁当の注目の上がり方も、今まであまり関西では見られなかった気がします。コンテスト文化や粘っこい活躍をするバンドが多い気質の中で、その狭間の20才前後から、独自のスタンスで、ライブも大切にしながらキテいると思います。
ただもちろん、ここで生きてるずのような、「いつ休んでるねん」というライブ活動も見事です。カライドスコープも少しずつ関西のライブバンド特有のパワフルさが出てきて、いつの間にか同世代のバンドから抜けている存在になるでしょう。というか既にカミコベにも出ました。

そして何と石川から2組。
アダムとイヴは、地元先輩のプッシュプルポットが切り開いた流れにしっかり乗れるだけの実力があったのかなと。実際に金沢のライブシーンは魅力的なギターロックバンドが増えています。その中でも、アダムとイヴはここから全国的な活躍に期待できるパワーの持ち主。
ただ発狂ボーイズはその流れとも違って、楽曲の力でじわじわと浸透しているイメージ。両組とも、突然のバズの可能性を秘めてますね。

その他地方からは、岡山のthe Hz。岡山バンドの進出は増えており、彼らもツアーは実施済み。でもUNFAIR RULEや炙りなタウンとは全然違うタイプなので驚いてください。
静岡からのシヴァネコは、もうあと少しのきっかけで、ドンといくレベルまでキテいる完成度です。Cody・Lee(李)との対バンは見えた。海外からのコメント多い。
秋田の高校生バンド、月刊少年アイロニーも、関東の高校生ライブシーンしか知らなかったら、もったいないレベルの彼女達に驚くはず。フレーズが刺さるし美しい。
でももちろん関東の高校生ライブシーンは年々熱気が増していて、その中で一番注目したのが千葉のヒノきのぼうとおナベのふたでした。

そして東京からはちゃくら。ただ今までのEggsや歌ってみた系動画の流れがあってとかじゃなく、本当に突然初MVから注目浴びるというパターン。このパターン、今年の秋から突然増え始めてる気がします。ただその突然さに負けないタフさが彼女達にはありそうです。
ネットシーンももちろん、沢山のアーティストが出てきて、iwatyは心掴まれました。最近活動してないけど…

さぁ、こういうのを踏まえ!
今年は準グランプリ、グランプリを発表していきます!


準グランプリ!


準グランプリは…






ヒノきのぼうとおナベのふた!


www.youtube.com


千葉の高校生ロックバンドです。
映像から見ても伝わる只者じゃなささ。オーラはいずれ出てくる。

どこかファンタジー要素がありながらも、鮮烈にリアルが迫ってくる。その中でも『ザオリク』はとてもとても強く感じた気持ちを、バンドミュージックに負けじと落とし込めた、決して風化しない曲です。
何度もリピートして聴いたし、メジャーも含む全ての楽曲含めても口ずさむ回数がトップでした。
ドラクエはやらないんで調べたんですけど、効果を知れば、歌詞が刺さります。

まだ音源もないし、もちろん将来の選択肢はたくさんある年齢だし、僕が何かを保証することもできませんが、もし続けていくのであれば、ここから様々な素晴らしいクリエイターやバンドがほっとかないと思います。
1つ1つを積み上げる中で良き出会いに恵まれれば、それこそカバーしているNEEのように創造主的なバンドになるでしょう!



グランプリ!


今年の先取りアーティスト大賞は……




発狂ボーイズ!



www.youtube.com


今年の大賞は発狂ボーイズです!
とにかく楽曲が強かった。個人的にそういう印象です!やー!

感情が一周回って辿り着いたような歌詞は、寄り道もした分、情景描写が強くなっている。
それを少し気怠くも取り憑かれたような歌声で。でも演奏はとても楽しそうにやっている(はっきょのボーイズ!)、
何層もあるこのバンドの個性に絡め取られました。

バンドをする中で、聴く中で大切な”純朴なひねくれさ”が詰まっているようで、今音楽シーンに広まっている共感性とは違った、忘れていた奥底の共感が疼きました。ともかく00年代〜10年代前半のギターロックが好きな人は必聴で。

このバンドの出す文章を読んでいると、ここから何本もツアーも重ねて、フェスもめっちゃ目指して…という風には思いませんでしたが、
誰かがどこかのタイミングで、一時的にでも手離してしまう普通や平凡を、発狂ボーイズを聴くことで取り戻せて、明日もとりあえず生きていけるんじゃないかな。
その輪がいつの間にか、ものすごく広まったらいいなと思っています。

いろんなシーズンに合う曲があります。
この冬はこの曲で。
これからもいろんな曲を作ってほしいです!


www.youtube.com

まーとーめー

というわけで、今年の先取りをまとめました!
でも本当に全組おすすめしたい。実際、何件か外部寄稿もしてますが、その時には別のアーティストの名前も挙げたりしてます。
他にも今や飛ぶ鳥落とす勢いのサバシスターなんかも先取りましたからね。
上記12組+αの関連プレイリストも作るので、チェックいただければ幸いです。

今年はライブハウスで2月に主催企画、8月にも共催企画させていただきました。ありがとうOSAKA MUSE
来年も2月に東京で企画しますし、そういった場を複数回考えています。
とはいえ根はド田舎地方勢かつ部活ガチ勢。ライブだけではない独自の角度の紹介も引き続き頑張り、アーティストに貢献できればと思います。

また来年も良い出会いがありますように!
今年も良い先取りでした!

遊津場pre.月間ベストソング大賞!~2022年11・12月度


TVで『ふたりごと』聴ける日が来るとは。
遊津場です。

11月のライブで印象に残ってるのは、Organic Call主催の『東京日輪音楽祭』です!
初めて東京のサーキットライブに行ったんですけど、あの日にいれたことは誇りですね。
事前にAWAの企画で対談みたいなこともしたんですけど、そういう出演者、関係者、お客さんとそこに差はなく、全員で作り上げた。
ライブハウスの、ロックバンドの役割というのを痛烈に感じた日でした。

そこからいろいろ水面下で動いていて分かったこともあり、ロックバンドの意義みたいなのを深められた月でしたねー。


では、先月~今月始めまでのベストソングと先取りアーティストを見ていきましょう!
年間ベストなどを作ることもあり、少し合算してます。

November's Good Songs!!

【さすがのバンド部門】


www.youtube.com


10-FEET『第ゼロ感』

電子的なイントロなのに100%情熱がエンジン。
わりとサビは落ち着いてるけど、いやがおうでも呼応させる歌の力。
新しい10-FEETと、25周年の重みを感じさせる10-FEETが混在していて、それがSLAM DUNKにも合うという。
SLAM DUNKの映画は見てないけど、すごいカッコいい場面で流れるんでしょ?
Mステにも出るし、なんか10-FEETここからもう1ステージ上がるかもね。


◯アルカラ『boys&girls(band arrange)』

もう今月はこのアルカラを確認できたから、もういいです。
もう10年来のファンなのですが、アルバムの最後に見せる、この壮大でかつ、共感性の高い歌はアルカラにしか出せない"少年少女"のパワー。ファンと言っといてなんですが、最近はあまりチェックできてなかったので、久々に帰省して、最高は最高のままだったという感じです。
もちろんアルバムも良くて、衰え知らずの奇行師。それが最後「生きてく」で締めるんだもん。たまんないね。

【今抑えておきたい!若手アーティスト部門】


www.youtube.com

◯レトロリロン『深夜6時』

レコーディングの妙だけじゃなく、本来の声と音の立体感がすごくて、今のバンドの勢いと自信を感じる。
蒼くも無敵な揺れ動く気持ちは、そんな今のバンドの状態ととても合っていて、どんな人の背中を押すナンバーになっている。
オーディションを経てCDJにも出演するけど、来年は充分ストレートでいけるだけの未来が見える。


◯アスノポラリス『言えない』

終始ボーイズバンドとは思えないくらいキュートなんだけど、「俺」が入るタイミングとか、音の強さのメリハリで、他にない匂いで引き寄せてもらえる。
こういう曲のテイストでも、ライブハウス感は全然消えてないので、来年もさらに進んでいくでしょう。


◯少年キッズボウイ『ぼくらのラブソディー』

まず歌詞おもしろすぎ。紡ぎ方も言葉のチョイスも、個人的にミュージシャンだな!って、めちゃくちゃ思わせる角度。
そして男女ツインボーカルの様々な表情を、宴を楽しみながら知れるから、抜け出せません。本当に海賊船の中みたいなんだよ。
トランペットを使ったロックは、もちろんHEY-SMITH、そしてブレイクしたBREIMENといるけど、次はこいつらだー!!!


【こいつが本物ソロアーティスト部門】


www.youtube.com


◯Mega Shinnosuke『サラバ宇宙、彼方未来』

令和のソロアーティストの理想の姿と、ロックスターの理想の姿、全部揃ってる曲ってこういう曲
未来色の発光していて、リスナーを未来ヘ力付くで連れていこうとしてくれてる。
そんな彼には宇宙が狭いよ。


◯柿崎ユウタ『透明になりたい』

『東京です』で注目を浴びたソロアーティスト。
あらゆるものを飛び越えて食い込んでくる可能性しかない。
曲の持つ色がタイトルの持つ色と一緒なのよね。
イラストも合っているから、耳映えも、映像映えもする。ライブ映えもするでしょうね多分。
別の曲『最終回』も盛り上がるだろうし。


【ジャンルレス部門】


www.youtube.com

キングギドラ『Rasing Hell feat.SUGIZO

誤解を恐れず言えば「親父のラップ」。
でもその"親父"は本当に日本の栄枯盛衰を知り、何より傍観者じゃなく、立ち向かってきた歴戦の勇者の総称だと思う。カッコいい年の取り方をして、理想的な背中のデカい親父になってるって感じかな。
そんな男達を再び戦場に甦らさせたのは、日本がピンチだからな気もする。でももう安心。キングギドラが、しかもSUGIZOを連れて来た。Hell感すげぇなギター。

月間ベスト先取りアーティスト大賞!


先月、厳選先取りさせていただいたアーティストは以下の7組です。

  • ヨスガ
  • オトノモト
  • Allay Home
  • ちゃくら
  • holoyoi
  • お勘定倶楽部


このただでさえ相当有望なメンツの中、ベスト先取りアーティストは……





ちゃくら!


www.youtube.com


<紹介ツイート再掲>

☆もっと深めてみる

この1ヶ月くらいで急上昇している東京・八王子のロックバンド、ちゃくら。

初MVの『海月』が既に高評価が1万を超えています。タイトル通りのゆらゆら感が儚げ。でも「あ、いや溺れてた」「夢を見ていた」と歌う部分や、バッとぶつ切りに終わるところで、リスナーにハッとさせる感じが病みつき。
そして他の曲を聴いてみたいなと思わせます。

正直まだライブも少ないし、ここからいろんな目線を向けられる時期かなぁと思います。
ただ本人達も関東外でのライブも意欲的みたいだし、個人的に追い付けないほどのライブをして、雑音はかき消してほしいです。
そして来年の夏にはサバシスターや、同じ八王子のゴリゴリのライブバンドAdlerとかと、バチバチなライブを見たい!

仙台から10代の2組ヨスガ、オトノモトは、独自の感性と、それをリスナーに届ける力があるように思います。
今年は大阪からもoOoのような新世代がいよいよ出てきて、特に彼らは引っ張っていくんじゃないかと。終始熱かった広島からのホープAllay Homeに、愛知からは洒落ながらもきっちり刺さってくるholoyoiも魅力的です。

今月も先取り様でした!
そして今年の開拓はこれで終了!
まとめて、先取り大賞とか今年も発表します!

あーとーがーきー

ということで年末の特大音楽番組や、年間ランキング、そして冬フェスの時期ですね!
そういう角度から盛り上げるようなことも企画します。

あと近々、告知もあるのでお楽しみに!

【完全主観】M-1グランプリ2022決勝進出組を邦ロックアーティストに例えてみた

なぜか毎年恒例。
2018年からやってる(はず)。

お笑いは邦ロックほど詳しくないけど、わりと評判いいんだよね…。ミスマッチは寛大な心で許してね。
ちなみに去年はTENDOUJIが優勝したことになってます。

【今年のファイナリスト】

真空ジェシカ
→ハイセンスでどこかサブカルな匂いのする若手筆頭
→Cody・Lee(李)

◯ダイヤモンド
→クセになるネタが魅力の実力派
→osage

さや香
超新星と言われ、しっかり実力を付けた関西パワー型
→the paddles

◯ヨネダ2000
→発想ぶっとびガール(ズ)
→4s4ki

男性ブランコ
→紳士的で緻密で猟奇的
→BREIMEN

ウエストランド
→熟成されていく魂の叫び
→忘れらんねぇよ

◯キュウ
→独特なテンポと世界観を持ってアングラ感
→NIKO NIKO TAN TAN

◯カベポスター
→関西若手エース
→帝国喫茶

ロングコートダディ
→たしかな実力と、幸せな気持ちになれる
→Lucky Kilimanjaro


ソロアーティストになってたり、
関西の芸人なのに、関東のバンドになってたりするけど、まぁいいじゃない!