出会い厨より、情報厨

これがTwitterで次来るバンドを探す理由。プロフィール欄から読者登録お願いします!Twitter ID@sakidori_yutuba

インディーズ開拓アカウントが、47都道府県のバンド・シンガーを聴いてみた!


f:id:sakidoriyutsubarock:20200428194330j:image

タイトルの通りなんですが、日本には想像以上にミュージシャンがいますよね。
もちろんそれは全国各地に音楽好きがいて、その分もちろん「私も・僕もなりたい!」っていう人がいるからなんです。
今はいろいろ規制もあるけど各地で夢追う若手が歌っているはずなので、一気に聴かせていただきましょうという企画です。

めちゃくちゃ内容長くなる気がするので、ささっとそれでは参ります!

<2021ver追加>

2020年4月28日に公開したこのブログが大変反響いただきました。
ちょうど1年経ったので、各都道府県の内容を大なり小なり更新しました!
ぜひ最新の音楽シーンを感じてください!

 

 

北海道・東北エリア

①北海道

一般的にはGLAYやドリカム、サカナクションなどが思い浮かびます。
若い音楽シーンでいくと、ここ数年全国に比べても数多くの有望な若手バンドを輩出している注目の地域です。
KALMAは昨年のメジャーデビュー以降も大躍進、CVLTEも独自のスタイルを貫き活躍、SULLIVAN's FUN CLUBは新体制で活動しています。
そしてこの1年の新顔で言うと、LAUSBUBやでかくてまるい。といった10代が注目株。
UMEILOとMr.Nutsの解散は驚きましたが、それぞれMoLse、我楽多倶楽部として活動を開始しています。

www.youtube.com

 

青森県

吉幾三人間椅子、amazarashiとかなりコア。いしわたり淳二さんが所属していたSUPERCARも青森で生まれたロックバンドでした。
若手バンドでは、No titleを掲載しましたが、昨年6月にSWALLOWに改名しました。
「本州最北端メロディックロックバンド」を掲げるMotto Pogが昨年から徐々に音源が各地へ届けられるようになってきました。

www.youtube.com

 

岩手県

大瀧詠一やきのこ帝国佐藤の出身県。
バンドでは全国でライブを展開するSWANKY DOGSや名字が全員佐藤のSaToMansion、YUMEGIWA GIRL FRIEND、Yorimichi、 Jr.alcohol、The Muddies、
2020年活躍した中にはSurrounded By Enemiesがタワーレコードのレーベルより全国リリース。

全組個性が全く被ってなく、初期衝動のベクトルがちょっと良い意味でイカれてるバンドが多いイメージを持ちました。

www.youtube.com

 

秋田県

高橋優、もしくは鴉のイメージが強い人も多いでしょう。男鹿ロックフェスティバルの開催される県です。
力強いバンドサウンドが持ち味のHold Out Hopeも変わらず活動中。T.O.C.Aの『人生はスキャット』のMVが伸びつつあり注目。和ならではの言葉遊びや軽快なリズムです。改名前のMVは聴いた事あったかも。

www.youtube.com

 

宮城県

東北の中心地でもある宮城には既に全国区の活躍を見せるANTENAや新曲の神々しさも素晴らしい石巻のRadicalism。それに加えてこの1年で注目を集めたのは鉄風東京でしょう。
今年高校卒業した彼らは既に全国の同年代バンドの希望の星でありライバル。仙台にツアーに来た実力派バンドも数多く迎え撃ち、ミミノコロックにも出演するなどメキメキと実力を伸ばしている。
個人的にはTIDAL CLUBやWITH USも注目集め、仙台のライブシーンがもっと盛り上がると面白いなと思う。

www.youtube.com

 

山形県

この県と言えば銀杏BOYZ。THE BOHEMIANSというロックンロールバンドも忘れてはならない。
昨年の記事の時は正直この2組以外見つかりませんでしたが、この1年でHIZAKURIGEとStain hung overという可能性の感じる若い2組がいた。どちらも熱さが持ち味でいつでも東北、東京に殴り込み行けそう。

www.youtube.com


福島県

サンボマスター山口さんや片平里菜の出身県。
若手バンドは結構有望株が多くて、知る権利、indischord、ピローマン、zanpanなど名前が挙がりますし、どんどん勢力が伸びています。
GREENBACKも東京で名前聞きますし、ureiは愛知のサーキットライブにも出演。

www.youtube.com

 

 

お次はいすぎで心折れそうになる、

関東ブロック

茨城県

ロッキン県と言われるだけあって数も増えますが、最近全国区となって若手バンドと言えば、the quiet roomでしょう。MUCCのギターのミヤさんは石岡市観光大使
他にもヒヨリノアメだったり、灰色ロジックだったり、goomieyだったり、ToyJoyだったり全国のインディーズ好きがそのライブと活躍を待っている。
そして北茨城市出身のロックバンド、オレンジスパイニクラブが全国的存在に。もっともっとライブハウスへ新しい風を吹き込んでいくだろう。

www.youtube.com

 

⑨栃木県

栃木と言えば、MAGIC OF LIFE、秋山黄色も大活躍。最近ではSSWの川崎鷹也が栃木の那須塩原
5月8日にSUNNY CAR WASHが久しぶりのライブを行うのがライブバンド好きの中で話題に。
その他にもSonoSheet、Lucie,too、savior、escapesといったバンドがオススメ。特にescapesは関西のタワレコでも常に好調。インディー感があるイメージがある県。

www.youtube.com

 

群馬県

BOØWYやback numberで有名な県。最近の全国クラスの若手バンドはFOMARE、Ivy to Fraudulent Game。他にもどんぐりずが群馬ですね。
KAKASHIが主催する灯火祭やLACCO TOWERが主催するI ROCKなど群馬から盛り上げていくという意志が強く感じる。そのI ROCKでSUPER BEAVERなど名だたるバンドの中連ねたoldflameやThe Gentle Flower.も引っ張る存在になるか。youthにも期待している。

www.youtube.com

 

11.埼玉県

もちろん多くてthe telephonesACIDMANなど。若手ライブバンドではKOTORIやAmelie、mabutaが思い浮かびました。tetoはビバラのステージでどんなライブをするのか。
この1年で期待の新星が増えたイメージのある県の1つで特にペルシカリアは今年の活動に注目。ラインアバウトや越谷、概念になっても活動する北浦和KYARAなどのの取組で若いバンドの下地がどんどんできているイメージがあります。pinfu『たとえば君が死んだら』の破壊力も話題。

www.youtube.com

 

12.千葉県

言わずと知れたBUMP OF CHICKENが生まれた県。個人的には神聖かまってちゃんも外せない。
全国区になってきた若手バンドはThis is LAST、ユレニワ。Halo at 四畳半の活動休止は残念。
バイリンジボーイとharueはコロナに負けない熱いライブを継続中。明くる夜の羊やhigh jumpmasterもライブハウスシーンで注目を集める。

www.youtube.com

 

13.東京

多すぎて、どう書けと…
近年の関東の高校軽音部からかなり全国で通用するロックバンドをそのままロックシーンに直輸入で活躍している流れはずっと続いているし、高校当時から注目を集めてたリュックと添い寝ごはんやクジラ夜の街などは着実に次世代を担いつつある。そして今も高校生バンドはケプラなど多くのバンドが注目の的。
20歳前後のバンドを挙げたらキリがないけど、その分入れ替わりが激しいのも事実。その中で昨年メジャーデビューをオーディションで掴んだBroken my toyboxやノックアウトフェスで大トリを務めたOrganic Callなどは時間も相まって本当にカッコイイ。

www.youtube.com

 

14.神奈川県

RADWIMPSの出身ですが、あまりRAD県って呼ばれないよね。それくらいたくさんのアーティストを言わずもがな生んでいる県。マカロニえんぴつも神奈川。
若手バンドでまず名前が挙がるのはレイラ。圧倒的爆音に多彩な変化を加えた今年の新曲群が話題。枠に囚われないサウンドと活動が持ち味のMade in Me.も東京の町田と横浜がホーム。
昨年も紹介したLUCY IN THE ROOMは全国流通版発売を発表。湘南発スリーピースロックバンド・かたことのどこまでも響き渡るようなバンドサウンドもこれから更に多くの人に届くだろう。

www.youtube.com

 

中部ブロック

15.新潟県

My Hair is Bad、a crowd of rebellionが有名だけど、今一番インディーズバンドシーンが熱い県とも言われている。
THE KING OF ROOKIEやザ・シスターズハイのパワーを浴びたい人が増殖しているらしい。その系譜を受けそうなSeek meやHell'sにも期待
良質な歌モノも沢山いるし、技巧派なら終活クラブなんてバンドもいる。しばらく勢いは止まらないんじゃないか。 

www.youtube.com

 

16.富山県

富山県はドラマーの中村達也さんやAqua Timezのキーボードmayukoさんの出身県。
富山の若手バンドではPALLETの『君が好き』は26万回再生を超えている。
またラップバンドであるザ・おめでたズは京都の浪漫革命とコラボするなど存在感を示している。この緩い感じが好き。

www.youtube.com

 

17.石川県

中田ヤスタカは石川県の出身。ミリオンロックフェスがある県ですね。
ミリオンロックフェスにも出演するプッシュプルポットは期待のロックバンド。昨年の状況下でもしっかりライブ数をこなし、4月に初の全国流通盤が発売され、更に各地での圧倒的なライブをしている。それに続いていってほしいのはアンジーモーテル。

CDショップ大賞北陸ブロックを獲得したGAME CENTERも今年期待。

www.youtube.com

 

18.福井県

五木ひろし、そしてレキシの出身の福井県
激厨二ロックを掲げるロックバンド・レストナのクセになる個性的なキャッチーさは聴いてみて欲しい。
メガホンズの復活ライブは延期のまま。こういうバンド、地方には沢山いるだろうから早くライブハウスで気兼ねなく乾杯できるようになりたいですね。

www.youtube.com

 

19.山梨県

山梨のロックバンドと言えばフジファブリックが有名ですね。レミオロメンも復活してくれないかな。
現状最後の未確認フェスティバルで準グランプリに輝いたヒライスが5月のミミノコロックでライブ。今後どんな情報を出してくれるか楽しみです。
コールスローもライブバンドとして全国を駆け回る。歌モノ好きな方はSTAY ON SOLIDというバンドもいいかも。Laughing Hickの『カシスオレンジ』が40万再生超え。どこかのタイミングで急に伸びたよね。


Laughing Hick - カシスオレンジ 【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

 

 

20.長野県

OGRE YOU ASSHOLEにGLIM SPANKY、バンド結成は東京行ってからだがKing Gnu常田さん、井口さんも出身の長野県からいい若手バンドが定期的に出る。
FAITHは完全に次世代のロックシーンを担うどころか、堪能な英語力で今後海外も視野に入るだろう。 CASANOVA FISHの最新アルバムは懐かしさも新しさもあって良盤。上京したあるくとーーふも昨年発表のMVがどれも好評。ninth apolloに所属するSHE'll SLEEPやyouth(群馬とは違います)にも期待。

www.youtube.com

 

21.岐阜県

岐阜を語るには地元愛の強いcinema staffは欠かせない。ヨルシカのn-bunaさんも岐阜県出身。そしてLiSAね。
鳴ル銅鑼の和風ロックはしっかり浸透してきている。SHIFT_CONTROLも絶好調。
ツインボーカルマスロックで若手の中でも唯一無二の武器を持つarne。隠した正体からストーリー性の強いバンドサウンドを奏でるYobahi。最後のROJACKで優勝したスリーピースロックバンドLittle Corgi Clubと、これはcinema staffもニッコリだ。

www.youtube.com

 

22.静岡県

アジカンの後藤さんと山田さんやヤバTのもりもりもとの出身県。
Atomic Skipperの圧倒的ライブバンドの熱量の中にキラリと光る彼女達のカリスマ性が誰しもの扉を開くだろう。最新ミニアルバムはタワレコメンに選ばれるなど勢いが止まらない。
サウナガールも各地のバンド好きの心を掴む正面突破なロックサウンド。不思議な世界観に触れたいならmatatapiaがオススメ。

www.youtube.com

 

23.愛知県 

もちろん中心地。フォーリミはもちろん、緑黄色社会の活躍は目覚ましいものがあります。言い出したらキリないですが、昨年発売のpostmanやHalf time Oldのアルバムは良かったです。Makiもブレイク候補です。
この1年の新星としてはねぐせ。がやはり目立ちました。メロコアなども強い県ですが、瑞々しいポップで切り開いています。疾走感のあるmollyや力強いツインボーカルが背中を押すamanojac、じっくりと深いピアノロックが今後どうなるか期待の00's Clubなど。他にも沢山いて未来は明るいです。

www.youtube.com

 

 24.三重県

西野カナの印象が強い三重県
若手バンドではmoon dropステープラー、Beard Brown、グッド・バイといったパワーのあるバンドの名前が挙がる。
少し変わった存在ではkasa.という良質な鬱ポップも。
独自のポストハードコア・スクリーモが武器のThe Moment I Decideはこういう系統が好きな邦ロック好きに広まって欲しい。

www.youtube.com

 

関西エリア

25.滋賀県

UVERworldT.M.Revolutionの出身県でシナリオアート、WOMCADOLE、climbgrowと立て続けに輩出。
また3月にナイトサファリがBIGCAT主催した琵琶湖ロックフェスは多くの滋賀若手バンドの希望になっただろう。
解散や活休を発表した有望株も多いが、ArakezuriやCOWCITY CLUB BAND、他にも20才前後の世代にもカッコいいバンドが多くてまとまらない。そこから1組。

www.youtube.com

 

26.京都府

10-FEETやロットン、くるりなど挙げたらキリがないのだが、若手には結構独特なリズムや世界観があるバンドも多い印象。Hakubi、Homecomings、the engy、東京少年倶楽部などはその筆頭かも。
新星も続々出ているのだがキュートなだけでなく多くの多面性を見せる弥生時代の末裔が今、関西でも注目株の1組だ。

www.youtube.com


27.奈良県

オーラルがロックシーンでかなり知名度を上げた県だけど、Age factoryやココロオークション奈良県。Split endも精力的にライブを重ねる。
この1年で名前を聞くようになったのはHello Helloというスリーピースロックバンド。
スリーピースのそれぞれの楽器が心地よく小気味よく、そして言葉の力を更に引き出すような特徴的なボーカルだ。
”がれーじばんだー”あぶらこぶも忘れちゃいけない。

www.youtube.com

 

28.和歌山県

L'Arc〜en〜CielのHYDEの出身県。ドレスコーズの志磨遼平も。
Mr.EggPlantや和歌山で主催フェスも行ったSSWのみのべありさに加え、kokageが関西若手ライブシーンに飛び込んでいる。無垢なギターロックを武器に貴重な和歌山産ロックバンドとして活躍してほしい。

www.youtube.com

 

29.大阪

昨年は関西、特に大阪から率先してフェスを開催するなど、ライブを愛する関係者の意地をしっかり見ましたね。
もちろん若手バンドも伸びて、レベル27はEggs年間チャート2位を獲得。Re:name、FiSHBORNはカンラバに出演。Ochunismはメトロックに出演。Bye-Bye-Handの方程式や声にならないよはレーベル主催のコンテストでグランプリ。ammoやTETORAの活躍も見逃せない。さらに1つ世代とも言えるハク。やBlue Mashの活動も早くも気になる。

www.youtube.com

 

30.兵庫県

こちらも書くと止まらないくらいいますね!
出身のバンドがサーキットライブを若いうちからどんどん主催するのも特有の風土です。昨年は厳しかったもののアルカラ、alcott、パノラマパナマタウン、ofuloverと系譜がしっかり繋がっている。ドラマチックアラスカも規模の大きい自主イベントもやったりするし。
ここ最近の新星で期待しているのは六甲のRudoと伊丹のEMIRI。本格派が好きならRudo、シューゲイザー系が好きならEMIRIだ。

www.youtube.com

 

中国ブロック

31.岡山県

甲本ヒロトやB'z稲葉浩志の出身県。そして何より昨年は藤井風、さとうもか、mihoro*そして今年はTensionsといったソロアーティストが注目される流れがある。
ロックバンドではgrumble grumble、アルステイク、炙りなタウン、UNFAIR RULEといったバンドに注目。この『生活』という曲は大切とは何か、岡山のどこかから尊く聴こえてくる。

www.youtube.com

 

32.広島県

Perfumeもいるけど、奥田民生浜田省吾吉田拓郎と時代を彩る渋いシンガーが連ねる広島県
この1年で全国のインディーズバンド好きに知れ渡ったのはbokula.だ。呼応させる力が本当に強く、今年も全国各地で見ることができるだろう。広島愛もかなり強い。
アメノイロ。、アスノポラリスの精力的活動も目立つ。atelier roomも2月に活動再開。リツカや鍵を返せなど一味違ったバンドも。

www.youtube.com

 

33.鳥取県

髭男ボーカル藤原さん、ドラム松浦さんの出身県。メジャーアーティストの杏沙子も。
この1年でRoomaniaというバンドがインディーズシーンで存在感を示し、様々なメディアにも取り上げられた。透明感のあるバンドサウンドの癒しは抜群。ライブではどうなるのだろうか。

www.youtube.com

 

34.島根県 

竹内まりやの出身県。髭男は島根で結成ですが、山陰2県のバンドは山陰をあげて応援しているようですね!山陰で言えば若手バンドのシロとクロもそう。
昨年ブレイクしたOmoinotakeは島根県出身のバンド。加えてポップで熱いライブが特徴のgingerという注目株もいる。日本全国縦断型配信サーキットライブNIPPON CALLINGには島根からhommeが出演した。(gingerは鳥取からだった)


ginger - 愛を探して(Official Music Video)

 

35.山口県

ワイルドバンチは僕も大好きなロックフェス。中国地方で活躍する若手アーティストのためのステージも毎年あったりする。昨年大活躍のYOASOBIのコンポーザーAyaseさんは山口のバンドでゴリゴリにライブハウスでライブしていたとのこと。
HelloNewWorldとAqua GeeCharnのパワフルなサウンドが少しずつ広まりつつある。

www.youtube.com

 

四国ブロック

四国は4県が手を組んで若手を育てる印象があるし、すごく素質を伸ばすイメージがある。

36.香川県

モンバスやサヌコロ、潮騒ロックフェスなど地元バンドにも熱い経験をさせる香川県。ホルモンのダイスケはん、話題のSSWみゆはん香川県
昨年タワレコメンに選ばれ、全国区への足掛かりを掴んだ古墳シスターズの青春パンクは注目したいところ。マタノシタシティーも県外でのライブも増えガツガツ来てる。SiLent SPAEKLEも続いていけるか。

www.youtube.com

 

37.徳島県

邦ロック的にはなんと言っても米津玄師、チャットモンチー、そして四星球の徳島県King Gnuの勢喜さんも。最近ではさなりですね。
ここ最近各地のタワレコにもCDが置いてある徳島のバンドがEvergreen。ノスタルジックな気持ちに浸れる1曲がMVになっている。

www.youtube.com

 

38.愛媛県

LONGMANの貢献度はデカイ愛媛県。ベテランのジャパハリネットも忘れてはいけない。SSWの大橋ちっぽけ、ラッパーのSASUKEも愛媛。
ガールズバンドではmimosaが次世代。S-TALKというメロコアバンドもEggsでは1万再生回数超え。たけやま3.5も可愛いだけじゃない。


mimosa - アップルパイ Music Video

 

39.高知県

1979年にさかいゆう七尾旅人のSSWが生まれている高知県
sympathyの世界観は変わらず唯一無二。YouTubeもゆるゆる。最近は10代のバンドの活躍も光っていて、特にアカネサスとRIP DISHONORは本州の同世代のバンドと渡り合えていけたらカッコいい。

www.youtube.com


九州・沖縄ブロック

40.福岡県

九州の中心地ですからもちろん多くいるわけで。神はサイコロを振らない、ユアネス、マルシィ、yonawoも福岡。クレナズムも全国的な活躍をし始めた。
さらにその次で考えるとsnooty、pastleaks、poor man's rose、ニイナをオススメしたい。
Rin音やMega Shinnosukeといったソロアーティストも多い。

www.youtube.com

 

41.佐賀県

はなわが強すぎる県。
SSWカノエラナは全国で活躍中。TikTokやイラストでも人気を集めている。
佐賀にゆかりがあるといえばNimo Colchicumもオススメ。
九州出身のバンドマンが「九州にはこのバンドがいるから大丈夫」と言ったのも聴いたら分かるバンドがこのバンド。

www.youtube.com

 

42.長崎県

さだまさし福山雅治、邦ロックではSHANKLAMP IN TERREN、川谷絵音や現ニガミ17才の岩下さんが組んでいた嘘付きバービーを輩出した長崎県
この濃すぎるメンツに負けない若手バンドはthe satellitesにBAN'S ENCOUNTER。胸を熱くするライブは見もの。POPなSundue May Clubの名前も最近見てるかも。

www.youtube.com

 

43.熊本県

WANIMAやブルエン、忘れらんねぇよ柴田さんを輩出した熱い熊本県。知事も結構ロック好きだよね。
この1年でMercy Woodpeckerの『日陰に咲く』が刺さった人は全国にもいるだろう。THE KITCHENもMVを2本出し、関西でのライブも増えてきている。浮遊感が武器のShikiはついにプラネタリウムとコラボしたそうな。

www.youtube.com

 

44.大分県

阿部真央、もしくはircleとSIX LOUNGEという最高なライブバンドのイメージが強い人もいるだろう。その2組のバンドのように強いバンドになれるのはSleeping Girls。スリーピースでヒーローになれるという感じは勇気をもらえるだろう。
the twentiesという個性派も忘れちゃいけないぜ。


Sleeping Girls : -morning haze (Music Video)

 

45.宮崎県

既に全国放送のニュースでも取り上げられたみゆなが全国の若手SSW中でも抜けてきている。鬼束ちひろ黒木渚も輩出していて、強い個性が育まれている県。
バンドではMINAMI NiNEやべランパレード。

www.youtube.com

 

46.鹿児島県

長渕剛の出身県ですね!中堅どころではテスラは泣かない。や人性補欠。
結成は東京だけど雨のパレードもメンバー全員鹿児島だとか。若手バンドでは繊細な世界観のArt Building。ロック系ではないけれどロッキンオンラインフェスに出演したReoNaは奄美大島。歌姫が出る県だが新世代の歌姫候補。上京したmelt into the creamは早くバンドメンバー見つかってほしいな。

www.youtube.com

 

 

47.沖縄県

MONGOL800ORANGE RANGEなど名だたるバンドを輩出する沖縄県
スター候補は間違いなくヤングオオハラ。全国各地でライブを重ねている。未確認フェスティバル決勝進出経験もある奢る舞けん茜も活躍中。

www.youtube.com

 

 

まーとーめー

 

つーかーれーたー!(笑)

でもあなたと若手バンドの距離、つまりはライブハウスとの距離が縮まればと思います!

それではこの辺で。