出会い厨より、情報厨

これがTwitterで次来るバンドを探す理由。Twitter ID@sakidori_yutuba

野球好きにしか分からない、次の覇権バンドが緑黄色社会の理由


f:id:sakidoriyutsubarock:20180715195124j:plain

↑このお兄さんは、山岡さんと言います。
後で出てきます。



こういうインディーズ発掘みたいなことをしていると、男女混合女性メインボーカルバンドって星の数ほどいてですね。


なんならYOUTUBEの再生回数や、コンテストの上位進出とか、ほんと最初の一歩抜きん出るバンドってのは、最近では男女混合女性メインボーカルバンドのほうがかなり多くなってると思います。肌感覚ですけど。とりあえず女に歌わせとけ感さえあります。


でもここで、実際に最近の大型フェスのメインステージに立っている男女混合女性メインボーカルバンドはどれくらいいるのか見てみると……
あんまりいないんですよね。

母数を知ってしまっている分、そう感じている部分はあるかもしれないですが、
大抵が有名サーキットライブ出演から勝ちきれてない印象があります。

普通に何で?と思うんですよね。
歌詞がもちろん大事なんだけど、女性ボーカルの持つ声の美しさと繊細さに男性の力強く器用な演奏があるっていうのは、単純に足し算されると思うから。
あと逆パターンはとても多いしね。
単純にある程度のところまで行くと、男性のパワーある声量に勝てなくなってしまうのだろうか……


今、シーンを引っ張っている男女混合女性メインボーカルバンドは、

でしょうか。
Superflyは微妙なとこですが、加えてもなんというか「これだけ?」って気がしませんか?

そして先程の通り、女性シンガーソングライターや男性ロックバンド、男女混合でも男性メインボーカルバンドに比べれば、新陳代謝が激しいという気もしません。
パスピエやきのこ帝国はそろそろ中堅の域に入ってますし。

今、脂が乗って、早ければ今年中・来年には一番大きいステージに立つ!というのは、ポルカドットスティングレイ、GLIM SPANKYの2組になるでしょうか。なんか寂しい数です。


ただそこを猛然と追いかけ追い付く追い越して、ロッキンのGRASSにも立てる存在として、
僕は今回、緑黄色社会をフューチャーしたいと思います。


クセがないのにここまで勝ち上がってきた唯一の存在


緑黄色社会は長屋さんの伸びやかなボーカルに、爽やかで「好青年」という言葉がぴったりなサウンドが持ち味です。peppeのキーボードはもちろん、男性陣の演奏もうまい。
力強い歌詞は分かりやすくも、独自の視点やフックを感じさせる、無理なく入り込んでくる清涼飲料水のような歌詞の印象があります。

要するに、自然体な感じで無添加で真っ向勝負にここまで来ているバンド。
もちろん並大抵のバンドよりは、ギターロックもイケるし、世界観も曲ごとにしっかりしてるんだけど、全体的の印象では本当にクセのない、お手本のような美しい投球フォームで投げ込んでいるピッチャーのようなバンドです。



f:id:sakidoriyutsubarock:20180715210556j:plain


実はこういう本格派の女性メインボーカルバンドは全国区にいません。

前述のバンド見てもらったら分かる通り、ポルカドットスティングレイ、GLIM SPANKY、パスピエ、きのこ帝国はとんでもなく強烈な"色"をまとっているバンドなんです。
やっぱりどこかで開いたパワーの差を、発想と世界観で他を凌駕しているという印象です。

これを昔このブログでシリーズ化してた、パワプロ風、というか野球選手風に例えます。
(実は筆者、リアルでは野球オタクとしての評価が高いんですよ)

ポルカドットスティングレイ


完全に策略家ですよね。
ハイクオリティなギターテクと、トリッキーな言葉遊びに加え、SNSやMVを使ってのバンドのキャラクター性の演出や仕事に対する柔軟性みたいな、音楽以外での"在り方"も計算され尽くしているバンドです。

まさにこういう姿が現・メジャーリーガーの牧田投手のようです。
彼も速球派アンダースローという、ただでさえユニークな才能を持ってますが、投球の間だったり、フォームを打者ごとに変えたり、フィールディングの上手さだったりにも工夫を凝らしたのも、プロで結果を残し、日本代表のクローザーも任されるような投手になった理由です。
ポルカドットスティングレイにもそんな角度で日本を代表するバンドになるのでは。

そして、ついにワイルドバンチで最も大きいステージに立つことが発表されました。
恐らく数万人規模のフェスで初のメインステージ。あらゆる批判を華麗にかわしながら、自分達の手法でここまで来たのも、少し牧田っぽい(牧田も投手生命を断たれそうな怪我や先輩からのいちゃもんを乗り越え活躍した)。


f:id:sakidoriyutsubarock:20180715211443j:plain


GLIM SPANKY


パワー型のクセ球投手です。
千葉ロッテで新人王、最優秀救援投手を獲得した益田投手のようなタイプ。

唯一無二の声に目が行きがちですが、卓越したメロディックでバラード系はバラード系であの声の意外な表情を見せる。
でもやっぱり歪みたっぷりでロック感たっぷりの歌詞とサウンドがウリでしょう。
益田投手も短いテイクバックから「なんだこのストレート」みたいな、いい意味でグチャグチャな豪速球でプロをキリキリ舞いさせてます。

武道館公演もしたロックユニット。
今後はクリープハイプを参考に、より多くの人に聴かれるステージへ上がる策を練っていることでしょう。


f:id:sakidoriyutsubarock:20180715211451j:plain



きのこ帝国


近年はもうそれだけのバンドからは脱却しつつあるけど、
2010年代のダークな世界観バンドではamazarashiかきのこ帝国がトップリーダーであることは間違いない。
佐藤さんはあんなに美人なのに、最初MV見たときはマジで性別が分からなかった。
それくらいどっぷりとした世界観を持つバンド。

出てくれば雰囲気が変わり、黙々と着実に仕事をこなすその姿は、ゴールデンクラブを獲得し、中日史上最高の鉄壁外野陣の一人と言われた英智のように思います。
守備でヒーローインタビューに選ばれるという稀な事をやってのけた選手です。

要するに、きのこ帝国は必ずや人の心の闇に触れ、落ち着かさせるという、バンド界における貴重な仕事人の立ち位置だと思います。


f:id:sakidoriyutsubarock:20180715211457j:plain



パスピエ

世代のNo.1変化球投手ではないか。
全盛期の内海、もしくは武田勝

どうやったらキーボードがそんな面白おかしく鳴るの?ってくらい変幻自在。2投手のようにカーブとチェンジアップがグワングワン来るように、捉え所のないロック。
成田さん見て、キーボード始めた人は絶対多い。
芸大卒という持ち味をここまで音楽に昇華できるロックバンドはいただろうか。

武道館後、ドラム脱退もあったり少しナリを潜めた感があったが、今年の『マッカメッカ』あたりからまた息を吹き返してきた印象。
上質な変化球投手は息が長いからね。ここから星野伸之になれるか。



f:id:sakidoriyutsubarock:20180715211504j:plain



どうでしたでしょうか?


と、4バンドに4人の野球選手を例にあげました。
ほとんどの選手がタイトルホルダーですし、日本を代表する選手です。

しかし一様にやはり「他にはない天才的な発想や持ち味」をウリにしているバンドと野球選手です。

緑黄色社会には、そういうのに比べたら直情的でシンプルなハイセンスです。
そのスタンスで、ついに大型フェスに定着するバンドとなりました。

このポテンシャルとパワーは、覇権が取れるバンドのものではないかと。


元々2013年の閃光ライオットでとんでもない完成度を見せつけ準優勝したバンド。
むしろ10代で引くほどの完成度だったゆえに、優勝を逃したんじゃないかという意見が出るほど。

だからこそ、全国流通が昨年までかかったのは意外だった。
MVも自主製作のものしかなかったし。
きっと普通に大学生活してたんだと思うけど、準優勝からこの期間、かなり過度な期待と戦ってたんじゃないかと思う。メンバーも減ったし。


そんな潜伏期間を経たからこそ、
ポップでキラキラなのにも関わらず、歌声と歌詞により深みが出たし、どんな展開な曲でも美しい音楽を鳴らせるようになって、<ロックバンドとしてのスケールがどんどん大きくなっていくところに、
主人公的なオーラをとても感じる。

それを感じさせる女性ボーカルバンドは、本当に久々ではないかと。
みんな美形で品もあるしね。
(椎名林檎くらい異質なら、逆に主人公感あるけど)

ただでも今の緑黄色社会菅野智之田中将大なのかと言われればまだです。
今はまだ、オリックスの山岡くらいの立ち位置だと思います。
まだ前述の4バンド、4野球選手には及びません。
ただ山岡投手はあのダルビッシュが才能をべた褒めし、昨年もルーキーながら大活躍した投手です。今ちょっとスランプだけど、オリックスの次のエースになると思います。


しかし、本当にインディーズ開拓していると各レーベルやコンテストが本格派ガールズボーカルバンド、ガールズバンドを産み出したい感が強い。
ただ中々すぐには現れない。それに比例して緑黄色社会の株が上がってると思います。

さらに加えて、sumikaに代表されるように、ポップ色の強いロックの評価も上がっています。


この波に乗れば、最近の女性ボーカルバンドがまだ見たことのない景色に到着し、ロック界を席巻するアイドルやアニソンシンガーの存在を脅かせる『女性エースバンド』になるのではないかと!(僕はフェスにアイドルとか出るの否定派じゃないけど)


  • まとめ


個人的に閃光ライオット以降も追いかけていて、全国流通記念のインストアライブではサインももらったようなバンドで応援してます。


何よりこういう存在のバンドは昔から追いかけていたのに、その証拠がない!ということで、こういうアカウント始めていて、緑黄色社会のインストア見た日に、このアカウント作ったのでさらに思い入れもあります。


これからもっともっと話題になってほしいバンドです!



まぁ僕自身もひねくれているので、こういう本格派を押さえ込む形で、雫姉さんや、パスピエにどんどんいってほしい気持ちもあるんですけどね(笑)





それでは、この辺で。

真夜中ドライブ

真夜中ドライブ