出会い厨より、情報厨

これがTwitterで次来るバンドを探す理由。Twitter ID@sakidori_yutuba

夏福という魅力的なサーキットイベントに出演するバンドを紹介します③~未知なる新星編

f:id:sakidoriyutsubarock:20180623162353j:plain

夏福ブログ第3弾!

バンドって言ってたけど、そういえばバンドじゃないのもいる!


こんなマイペースな感じで、
7月8日(日)に大阪梅田周辺で開催されるサーキットフェス、夏福の出演者を引き続き紹介します。

第1弾、2弾はこちら↓↓↓

夏福という魅力的なサーキットイベントに出演するバンドを紹介します①~遊津場も注目してたバンド編 - 出会い厨より、情報厨

夏福という魅力的なサーキットイベント出演するバンドを紹介します②〜あ、これ知ってる編 - 出会い厨より、情報厨


今回はこのサーキットフェスにふさわしい新星と呼べるアーティスト。
かつ僕が目を付けるべきだったような期待のアーティスト達です。

正直、全アーティストそう言えて、それぞれにちゃんと個性を感じるんですが、全てを浅く紹介するくらいなら、選抜してちゃんと説明する普段のTwitterでの方法を取ったので、とりあえずこの6組で夏福ブログは終わりかな。
ブログで紹介した計22組だけでなく、全出演アーティストに注目してください。よろしくお願いします。

それではどうぞ!


f:id:sakidoriyutsubarock:20180623162415j:plain

↑全組発表されました。あとでタイムテーブルも。

①Slimcat

f:id:sakidoriyutsubarock:20180625134438j:plain


後でライブ予定とかも見たから言うんだけど、
「あ、Saucy Dog、YAJICO GIRLの次はこのバンドね」と聴いた瞬間感じた。

ぶっちゃけ英歌詞なので何を言ってるのか大体でしか分からないけど、それでもアメリカの学校でクラスメイトと会話をしているような楽しい感覚で音楽が飛んでくる。こんな安心した距離感で飛んでくる英歌詞は初めてだ。ボーカルは帰国子女だとのこと。

でも『The Great Escape』のようにカッコよさ全開で来る時もあり、ライブで全ての感情が満足させられそうだ。

次、名前を聞くときは「レーベル決まりました!」かな。

Slimcat - Don't Stop Groovin' (Official Music Video) - YouTube



②花柄ランタン


f:id:sakidoriyutsubarock:20180625134452j:plain


NHKの”みんなのうた”が似合う系かな?と見た目で思ってしまったのだが、騙された。

脱いだらすごいじゃないけど、伸びやかなボーカルも病み付きポップなサウンドも、バッキバキの腹筋があってこそ繰り出されてる気がして、YouTubeの時点で圧倒。生ならライブハウスの会場の形が変わるんじゃないだろうか。
こういう優しみの中に強いロック魂みたいなものが隠れてるの好き。

ちなみにミーハーな情報を載せるなら、ヤバイTシャツ屋さんのこやまさんが寿司くん名義で作ったMVがあります。この曲ではないですが。

花柄ランタン「やわらかパンクス」MusicVideo - YouTube


③大橋ちっぽけ


f:id:sakidoriyutsubarock:20180625134454j:plain


すでにMONSTER baSH、Love music、1万人の前で歌うなど、ここ1年で抜けた実績を出している男性SSW。

聴いていてあっという間に時間が過ぎていく。
ただギター1本で変拍子をしているから、変調して歌ってるから飽きなくて時間が過ぎるとかではない。そこら辺はどこまでもシンプルだと思う。
シンプルに歌っているのに「この声で次はなんて言うんだろう。歌うんだろう」というところを注目してしまう。

すごくが説明が難しいが、まだ誰も出会ったことのない歌声かもしれないから、一気にシーンを駆け上ってるのか。
彼の声とアコースティックギターの音との重なると、何か発見されてない脳内物質が分泌されているのかもしれない。

大橋ちっぽけ「君と春」Music Video - YouTube



④コシモトユイカ


f:id:sakidoriyutsubarock:20180625134502j:plain


女性SSWは本当にたくさんいるし、あの手この手でみんな個性を出してるけど、彼女のエッジの効き方が好き。

SSWは歌詞がしっかり響く分、必要以上に重くなってしまうことがあるけれど、彼女はサウンドとしてもちゃんとノれて、歌詞とリズムの両面のバランスを1ミュージシャンとしてしっかり考えてそうなことが伝わって、今後が面白そうだなぁと思った。

そういう部分も含めてさユりっぽい。


他にも実績がしっかりある林青空・みのべありさ、引き込まれる世界観の曽我部瑚夏、関西の大森靖子になれそうな徳永由希、生で見てなかなかパワフルでした東まみなど、多くの魅力的な女性SSWがいるので是非目撃してください。

【MV】コシモトユイカ/ 暴力とガラスと - YouTube

⑤the paddles


f:id:sakidoriyutsubarock:20180625134517j:plain


先日、未確認フェスティバルライブステージ進出が発表されたバンド。
聴けた曲の感想は、曲がずっと右肩上がりで盛り上がっていく感じ。全く知らない人が見ても、最後は心の底から手を上げて聴くだろう。

僕も大阪会場の進出アーティストで唯一昨年から知っていたし、関西の未確認フェスティバルにあたる存在の十代白書のグランプリを獲得しているので、この選出は他の進出アーティストより安堵感も強かったんじゃないかと推察している。
夏福を踏み台に関西代表として思い切り暴れてほしい。僕が言うことじゃないけど。

the paddles - ファンファーレ - YouTube


⑥Transit My Youth


f:id:sakidoriyutsubarock:20180625134523j:plain


去年携わった「持って帰りたいフライヤー部」で名前を知っていたが、懐かしい感じとモダンの感じが同時に迫ってくる贅沢な音楽である。

コーラス、時にツインボーカルも美しい。キーボードはじめ各種楽器も楽しそうに鳴っている。
こんな感じでいろんな美しさが同時に迫ってくるが、それに挟まれ、押し潰されて、骨が粉々に粉砕されて、骨の髄まで彼らの音楽が染み渡ってくる。

なんか痛々しい表現になっちゃったけど、あなたがドMじゃなくても気持ち良いからね。


Transit My Youth 『a vista』 - YouTube




まとめ


他にも魅力的な出演者が多いんですが、あとは皆様方で探ってもらえればと思います。

関西邦ロック界のゆるキャラとして名を馳せるびわ湖くんも出演するんですけど、何をするんでしょうね。いやライブでしょうけど。


先日タイムテーブルも発表されたので確認してみてください。
なんとナードマグネットが最後に追加で発表されました!
さらにイベントの格が上がったのではないでしょうか。


f:id:sakidoriyutsubarock:20180625142555j:plain


ぜひ今回のブログ3部作を読んで、気になった方が梅田にお越しくださったらメチャクチャ嬉しいです!期待してないけど(笑)

僕は目立たず仕事してますけど、お待ちしております!!