出会い厨より、情報厨

これがTwitterで次来るバンドを探す理由。Twitter ID@sakidori_yutuba

【逆に今】KANA-BOONの『僕がCDを出したら』をレビューした

f:id:sakidoriyutsubarock:20180519232206j:plain
↑発売当時のアー写


僕は社会人だけど、
そんなにお金がない。


なのでCDも好きには買えない。
でも情報アカウントとして、
ディスクレビューやライブレビューはしたい。


ということで、
逆に今、僕が持っている中で有名バンドのむかーしのアルバムをレビューしてみようかなと思いました!

逆に今、新たな発見があったりするんじゃないのかと思います。


その第1弾は、

KANA-BOON『僕がCDを出したら』
2013年4月24日発売。
もう5年前にもなるのか。

これを2018年の僕の知識と音楽シーンの状態で、収録曲順にレビューしてみたいと思います。


気になったら今は中古でも買えると思うんでね、買って聴いてみてください。

僕がCDを出したら

僕がCDを出したら



1.ないものねだり

KANA-BOONのみならず、
現代の邦ロックの代表曲とも言える曲。
YOUTUBEでなんと現在5550万回再生
えぐいな。


この曲がバズった背景には、
いい意味での『平凡さ』があったからだと考える。

この頃はネットも生活に完全に定着して、沢山のバンドが出てきたけど、
逆にそのせいで、
どのバンドマンも「雰囲気カッコいい&天才」を演じているのに、
ファンは気付いてきていて、それに辟易し始めていた。
「天才がありふれ過ぎていないか?」
「これは本当に文学的なのか?」と。


そこに出てきた期待の若手のこの1曲は、
何気ないありふれたカップルの別れ話をトントンと進めて、
その先にあったのは「ゆらゆらゆらゆら」の後に一言だけ付け加えただけのサビ。


この低カロリー、お手軽な感じが、
この頃の若者にちょうどよかった。

音楽だけじゃなく、世間からもどんどん高度な進化が求められ、その担い手に若者が勝手にされていく中、
平凡な若者が、平凡な若者の事をありのままに歌ってくれる。

「僕らは大人が期待するほど、難しく考えれない。心が揺れている時は、こんなもんなんだよ!」

ここに共感だけではなく、
「ありのままでもいいんだ」という捉え方をされた結果、このヒットに繋がった。


まぁ鮪さんも当初は、
前髪見えない系マッシュにして、
雰囲気イケメンっぽくしてたけどね(笑)

ただ本人は早々に、
発売前からキラーチューンで「このキャッチーさに間違いはない」と言っていたので、先見の明はあったということでしょう。



そしてこれ以降、ただただあるあるな歌詞をリズムに乗せて歌うだけの「表面上ないものねだり」な曲も増えたが、
さすがに今はそれだけでは通用しない。

小気味いいリズムは当たり前。
そこに刺さる歌詞か、それに追ずる個性がなければ厳しい世の中になった。
小気味いいリズムを使うにしても、reGretGirlくらい大失恋を生々しく歌わないと注目されないのだ。


2.クローン

『ないものねだり』から一転、
一気にひねくれ者の印象を与えた曲。


特別な楽器は使ってないけど、
コーラスや手拍子を多用して、
(こういう真似しやすさも、
今となれば良かったのかもしれない)
より歌詞やギターソロ、リズム隊を、
際立ったものにさせている。


毒やあえての不協和音を入れつつ、
最後は脅かしてもくるし、
『ないものねだり』を正直舐めてて、
品定め感覚で聴いてるリスナーに、
「おら、やってやるよ!」と、
KANA-BOONが挑戦状を叩き付けた1曲。


今聴いても、なんかムカつく(笑)


3.ストラテジー

これは「れからさ」を連呼する曲。


『ないものねだり』とはまた違った角度で、若者の共感を得る曲。
あっちは恋愛、こっちは存在意義という点で。


あんまりエピソードが聞かれない曲。
だが当時のインタビューによると、KANA-BOONの大事にしてたのは「少年性」で、
このアルバムの為の新曲だし、
その部分は歌詞にも演奏にも1番出ているかもしれない。


4.見たくないもの

元々は「ライブ中に携帯見んな!」
という曲らしいけど、
僕は今のKANA-BOONを含めても、
1番好きな曲かもしれない。

さっきも書いたが見た目クールマッシュばかりで、
鮪さんもその中の1人かと思ったら、
想像以上に熱くて男らしく、
アルバム中に惚れ直すレベル。

「こないとさ!」の部分とか、
大サビ前のほぼアカペラの部分とか。
そもそも興味を持ってくれない人に対し、

目を見てくれないあなたのその目を
そう僕は、僕は見たいんです。

なんてよく言えるというか、
揺るぎない熱い自信を感じるね。


また曲の組み立てが今までと違う組み立てで、
それがまた飽きさせることなく、
アルバムを消化できる要因にもなった。

5.眠れる森の君のため

ラード調が流れたとき、
「どれどれKANA-BOONのバラードは?」と、KANA-BOONが業界から今後を試された1曲。
結果はご存知の通り、
「バラードもいけるんかい!」と、
大合格。


歌詞が売れてない頃のKANA-BOONでしか書けないというのは分かるだろうが、
世界観も今のKANA-BOONっぽくない、
憧れの存在というBUMPっぽさや、アジカンっぽさの影響が、売れてスタイルを確立した今では難しいほど強く出ている。

盲目的というか、「君と僕」以外が全く介在しない愛の重い歌である。


だから僕は昔に聴いたとき、

「彼女への恨み節がすげぇな」

と思った。

しかし近年は歌詞の具体性が求められているので、今出しても6曲の中では1番反響があると思う。
KANA-BOONは四つ打ちの元祖っしょ!」というイメージしかない人には、まずこの曲から聴かせてみればいいだろう。


2014年に1つのピリオドとして開催した、
「ただいまつり」というワンマンの時も、
最後に披露された大切な曲。
うろ覚えだけど「やる予定なかったんですけど、ここから新たな夢を作るためにやらなければならない曲です!」
と、MCがあった気がする。

僕は現地で見ていたのだが、
今までは自分の曲として歌っていたこの曲を、ファンの皆の曲にした瞬間に見えて、感動的だった。


f:id:sakidoriyutsubarock:20180520025045j:plain
↑ほれ

6.さくらのうた


今年MVも作られた曲。


ここまで5曲、
いろんなことを歌ってきたけど、
やっぱり君が好きだーーーーー!!!!!」
っていうだけの曲。
衝動的に書いたとか。納得。


こういう真っ直ぐなところ。
当時流行りのバンドは、斜に構えてなんぼみたいなところがあったから新鮮だったし、

散々ここまでセンスを見せといて、
最後にすごく子供っぽいというか、
僕らの経験談まんまで良かった、安心したと思えたのが、この曲の爽快感の正体じゃないだろうか。





CD全体レビュー

もう発売当時にはミナホにも3年連続で出ていたし、
賞も獲得して、アジカンオープニングアクトも務めてるくらいだから、
インディーズ界隈では、
この全国流通盤は「ついに来たか」という感じだったんだろうね。

きっと今ならもっと早く青田買いされていたと思う。
でも注目期間が長かった分、
その間に地力が着いて、
今のKANA-BOONの成功に繋がってるとも言えそうだ。


そして売れる前のバンドの1st全国流通盤全てに言えると言えば言えるが、
その数ある1stの中でも、非常に「若さ」に忠実なアルバム。

キラーチューンも入れつつ、
技巧派な曲も入れつつ、
ラードも入れつつ、
叫びも入れつつ、

若い頃の「あれもしたい!これもしたい!何でもしたい!」というのをわずか6曲に上手いこと詰め込んでいる。


自分達の楽しさを優先してムチャクチャに詰め込んでるのに、この爽快感。
このセンスこそがKANA-BOON一番の強みなのではないだろうか。


もちろん今のKANA-BOONは、
ロックシーンの先頭に立つ1組だし、
昔と同じようには楽しめてないだろう。

ただ大人になったからこそ、
手に入れている楽しさだってあり、
そこを今KANA-BOONは忘れずに楽しんでいるように、僕は感じる。


その原点にあるのは、
間違いなくこのCD、
『僕がCDを出したら』

これが期待以上に受け入れられたこと、
ここに尽きると言いたい。




いやー、でもやっぱり、
昔のバンドのギラギラ感はいいよね。
だからインディーズ開拓は止められない。


それでは、この辺で。

見たくないもの

見たくないもの