出会い厨より、情報厨

これがTwitterで次来るバンドを探す理由。Twitter ID@sakidori_yutuba

今、海賊版に思うこと ~を書いてたらナルシストになってしまった話~

何のニュース以来だろうか。
すっっっっごく最近の海賊版のニュースに興味がある。

やっぱり音垢作って、
インディーズバンド開拓して、
それでいろんな縁ができるなどして、
音楽を考える時間が増えたからかな。

あとこの問題の肝にある2つの業界、
底辺の広告関係会社と、
IT・エンタメ系を扱う仕事。
どちらの経験もあるからかもしれない。


ニュースの詳細は検索してもらえれば、
最近の海賊版に関するニュースがアホほど出てくるので割愛しますが、

要するに、

  • 政府が各クリエイターの権利を守るために海賊版撲滅に動き出した
  • 名指しで「潰す」って言った(漫画村、Anitube、MioMio)
  • 各サイトが閉鎖の流れになったが「どうせ新しいのが出てきて、いたちごっこ」というのが有識者の答え
  • 実際漫画村は「漫画タウン」と名前を変え運営(できてないとの噂も)。Twitterで「もう海賊版を止めるのは無理だよ。もうコンテンツは無料の時代だよ。」など、めちゃ煽る。
  • 有識者も「サイトやサイトに広告を出す人が得をしない、新たなお金の流れの管理システムを作るしかない」と、業界の古いままのシステムを問題視している。


政府だけじゃなく、
ちゃんとした電子書籍運営会社や大手出版社も、
やっと動き出したことは評価するけど、
根本的な解決は見えないらしいです。
枝葉を切っても、幹を切らなきゃまた、
枝葉は生えてきますからね。


この問題で悲しむ人はおかしいらしい


この問題の一番の問題点は、
漫画家や音楽家などアーティスト・クリエイターさん達が、
得られるべきのお金をもらえなくなって生活ができなくなり、
その数+それを目指す若者の数が減ってしまう=文化の衰退
が問題だとニュースでは報道されます。


ただ、これを聞いて大半の人は、こう思います。


「俺らの生活には関係のない話だな」


今や日本の文化であり、外交手段ですらある、
アニメ・漫画産業にダメージなのは分かるけど、
特に興味ない人からしたら、
アーティストやクリエイターの世界は、
どこか別の世界のお話です。

「才能あるのに大変だねー。自分ら凡人も凡人で苦労してるから仕方ないねー」です。
これ別にバカにしたり、僻んだりしてるんじゃなく、マジで共感ができないらしいんですよ。
存在を遠くに感じてるから。


このブログは多分、
音垢の人が多く見ていると思うけど、
時々ライブのMCとかで、
「ぶっちゃけ音楽はなくても生きていける。でも今日ライブに来る選択をしてくれてありがとう」
とか言いますよね?
phatmans after schoolのボーカルは言ってました。

もちろん僕もなければ無理ですし、
音垢の人は「そんなの考えられない!」って人達でしょう。
でも実際音楽はなくても生きていってる人のほうが世の中大多数です。


実際、Twitterのトレンドでは、
漫画村」や「AniTube」が上位でしたが、
TVのトップニュースは結局、
モリカケ、セクハラ、相撲協会じゃないですか。
興味ないんですよ、普通は。
別に何かの圧力がかかるまでもなく。

そのエンタメに関わる仕事していたとき以外は、
僕の周りも、いわゆるコンテンツが無くなっても困らない「ライトユーザー」ばかりです。
漫画も有名なものから2~5作だけ読んでる、
音楽もMステで流れるものだけみたいな。

僕の大学の学部の同級生は450人くらいいましたが、
似たような邦ロック好きは4年で、
7人くらいしか見つけれなかったです。

他学部や軽音サークルの友達入れたらもっと増えますけど(実は軽音サークルの人って、詳しくない人のほうが多いから、あんまり変わらないけどね)。



だからまぁ今、
”多くの漫画家が抗議の声を上げている”
”多くのアニメーターが疲弊している”
”MusicFMで聴かないでくれ、というアーティストの声に多くの人が賛同した”

と、多分全アーティストが声明上げてるんで、
好きな人は多くの人が関わってる!
って思うかもしれませんが、

ファン含めても、まだまだ全然微々たるものすぎて、一般社会に届いてません。

海賊版が蔓延って、結果娯楽が無くなった世界は相当恐ろしいはずですよ。
でも一般社会は
「無くなっても俺らの会社は残るし、どーにかなるっしょ」
「だってあいつらは好きなことやってるし」
のまま進んでいます。

むしろ、「これは大問題だ!」と騒げば、
「非リアなんだな」と、
まだまだ見られるのが、この世の中です。
「いや、アーティストさんは可哀想だけど、
それよりサラリーマンの給料上げるほうを、
政府は先にすべきじゃない?」
「だってあいつらは好きなことやってるし」
と言わなければ、常識なく思われます。


「間違っちゃないけど、釈然としないよ…それ…」
って隠れて思ってる人もそれなりにいるでしょうけど。
でも声を上げて対抗するのもめんどくさい。
だって相手間違っちゃないし、
こっちもただの消費者でアーティストのことなんか、
知らずに生きてきたんだから。
ただ「漫画のキャラでオナニーしてるんだろうな」というレッテル貼られて終了です。
ちょっとリスク高すぎ、高杉くん。


だからそんなライトユーザーは、
アーティストの悲痛な叫びも届かず、
身内から怒られることもないので、

今日も海賊版のお世話になります。


アーティストが教えてくれることはたくさんあるはず


だから1つの解決策として、
僕がオススメしたいのは、
アーティストともっと身近になることだと思うんですよ。
アーティストやクリエイターのことを、
もっと「知る機会」が増えたらいい。

そして具体的に傷付く人の顔が想像できたら、
少しは思い止まる人が増えるんじゃないかと思います。


なんかいろいろ自分の個人情報さらけ出しちゃってますけど、
大学での経験や、エンタメに関わる仕事の都合、
結構デザイン系のアーティストの友達が多いんですよ。
ちゃんとそれで食ってるような人達も多いです。まぁ先生とかもしながらですけど。

(ちなみに音楽系のアーティストの友達はあまりいません。まだね(強調)。)

やっぱり考え方とか人となりとか、
スゴく面白いですよ。スゴく。


アーティスト、とか、
デザインやクリエイティブな仕事をしている人、と聞くと、
なんか世間から外れたような、
コミュニケーションが取りにくい、
扱いづらい人達の印象があるかもしれません。

でもそれこそ、アニメやマンガのイメージだし、
何よりクラスにいたオタクをイメージしてません?


実際成功してるアーティストってコミュ力や人当たりの良さがえげつなくて、
その人の話も聞きたいけど、こっちも話をしたくなるような、
不思議な感覚があります。

これはそういう系の専門学校や大学で、
有名企業に就職できる学生も同じで、
一般的なオタク感はないです。
ちゃんとコミュ力がある子ばかりなのを、
仕事で痛感してます。
だからポルカの雫さんはそりゃ成功するわなと思いましたよ。




ただ僕のこの人脈は、
ひとえに運が良いだけなんです。

もちろん全部が全部じゃないですけど、
僕は普通の文系4年制大学出身ですし、
”そこに僕しかいなかったから”というのは、
ぶっちゃけあります。

大学の部活あって得た縁です。


でも実際大学で部活する人なんて、
全国どこでも全体の学生の2割だけというデータがあります。
大学で部活、ってハードル高いイメージあるから。
でもそんな中僕はボランティア系の部活入って、
で、その渉外職が僕だったんで、いち早くアーティストとかに会えて、交流を深めれました。



何が言いたいかと言うと、
これくらいの巡り合わせがないと、
一般の人って、アーティストに会えないんです。


僕はこの距離感の遠さが、
アーティストの問題が他人事になっている要因だと思います。


アーティストとか、クリエイターとか、
まぁその卵でもいいでしょう、
どんな地域にもそれで活躍する人が必ずいます。
特にインディーズバンドを開拓してるので、
「地方では名の知れたバンドって四星球だけじゃないんだー」ってよく思います。


しかし、あなたはどれだけそんな人を知り、
実際アートに触れたでしょうか?
どうせ学校の授業の一環程度じゃないですか?

「惹き付けられないアーティストやクリエイターが悪い」と思う気持ちも分かります。
しかし彼らの魅力は作品だけじゃない、
というのは先程申しました通りです。


その魅力を活かす活動、
つまりアーティストと触れあう活動に、
一般人が能動的に参加したくなるメリットを、
もっとこの世は広報してほしいです。


【例えば学校教育にもっと取り入れてほしい】


教科書や塾が教えてくれることは、
なんだかんだ言っても”問”から”答え”を出す、
1から10や100の生み出し方のみです。

これだけでは創造性や感受性は育たないから、
学校には先生という存在がいます。
でも僕の友達にも何人かいるんで聞きますが、
まぁとてつもない激務ですね。先生は。
なかなか教科書だけで精一杯ですよ。

しかも世の中どんどん便利になっているので、
”方法”さえ知れば”不便なく”生きていけます。

要するに、
「0から1を考える時間」が、
年々すごく減っているんじゃないかと思うんです。


その能力が育ってないと、
元々”1”が与えられているのが当然と考えます。


僕はとにかくこれが怖い。


例えば「海賊版サイト」。
なんか悪いもんらしいけど、
周りも皆やっていて、
見る・聴くだけなら、
別に何もないらしいから、
平然と手を出す。

音楽なら「チケット高額転売」もそうですね。
別にやってる人もいっぱいいるから、
手を出しても大丈夫らしいぞ、と。


こういう

「そこにあって、目に見えるみんなが使っても平然と生きているから、という理由だけで手を出す人」

が、増えすぎた要因は、
0から1を考える能力がない人が増えたからだと思いますよ。

あまりにもそんな人が増えすぎたから、
違法サイトやヤバい店に広告を出す、
広告会社もいっぱいあるんです。


こんな利用者にお得すぎる海賊版や転売屋が存在したら、
絶対傷付く誰かがいるし、
何か裏があるに決まってるし、
娯楽全体の締め付けが強くなれば、
間違いなく自分にも降りかかってくること。

そして何のために、誰のために、
「作品」というものはあるのか。


「なぜそんなもんがあるのか」と、
0を考えず、1しか考えない人は、
分からないまま生きていくことになります。
いや、生かされているだけになります。

元々あるものだけを楽して選んでいくだけの人生、
果たして、本気になれますか?



「そんなん嫌だ!」と、
決意し、たしかな実力と結果を残したアーティスト・クリエイターは、
絶対、学校では教えてくれない大切なことを教えてくれます。

それは0から1を考える力だけじゃなく、
具体的な夢の追い方や掴み方、
日々の行動の仕方、作品の楽しみ方、
人との出会いの面白さなどなど。


現実的な問題は多いでしょうが、
「特別授業でクリエイターの○○さんが来ました!」が、
ニュースやテレビ番組になるようじゃ、
まだまだその教育には根付いてないですね。

希望だけで言えば、
専門学校のようにほぼ毎週、
トップクリエイターを呼んで講義してほしいです。

こういう教育を通じて、
スマホやネットに慣れきりつつある、
また、受験勉強でその理由が分かってないまま周りに流されてテストの点数を取ることに必死になってしまっている、
中学生・高校生にバチコーンと何度もぶちまけてほしいんですよ。

こんな現代だからこそ、ね。


やっと夢や自分が分かってきたところだと思うし、
それこそ違法サイトとか利用してるかもしれないし。
一番心に響くんじゃないかと思います。


そしてそれを機に、
地域のアート活動にも参加する若者が増えれば、
どんどん視野が広がると思いますし、
アーティスト・クリエイターに感じていた壁は間違いなく薄くなります。



クリエイティブを感じるのに、とっておきの場所がある


ただ地域のアート活動に参加するのは、
やはりハードルが高いでしょう。

あとどれだけ自分一人がその姿勢に感銘を受けても、
周りの流れで生きている人間と共に暮らしているうちに、
いろいろ決心は揺らぐかもしれません。


実はもっと手軽に、
創造的活動をしている人、
そして創造的活動をする人を応援する人、尊敬してる人とたくさん会える場所があります。


それがライブハウスです。


どのバンドも自分達の思想・技術を、
楽曲、MCに込めて精一杯ライブしています。

そしてそこにいるファンも、
その気持ちを受けて呼応しています。

その姿は、別に日本の不景気を変えないけど、
そんな空間を肌で感じ、
少しでも楽しむことができたなら、
とても美しいものに感じられるし、
きっと勇気がもらえます!

娯楽なことは変わらないし、
別にテストの点数は上がらないけど、
数千円払う価値のあるものだと分かるはずです。
1度こう思えば、とりあえず創造的活動を、
楽しむには対価が必要だなと、
脳が覚えるはずです。


多分リビジョンやあるあるさんもそれが狙いだと思ってます。
この2組が叩かれるのは、
そのライブハウスに呼び込む活動の、
文化的意義は素晴らしいけど、
「騒ぐだけ」というイメージがあるから、
「ライブはそれだけじゃないやろ!」と、
批判されてしまうんでしょうね。



そして物販でできたらメンバーから、
グッズを買ってあげてください。
その喜ぶ顔と声を聞けば、転売する気はなくなるはずです。
(これはアート系の展示会などで、
作者本人から作品を買うときも、
同じ効果が得られます。)


WANIMAとか今すごく転売されてるんだってね?
でもそのWANIMAもちょっと前までは、
ライブハウスの隅っこで、
出番後にCDやグッズを売っていて、
一人一人に「ありがとうございます!」と、
言ってたはずです。
それがあっての”今”なので、
やっぱり転売商品を買うやつも、
本当のファンとは言えません。

買う奴は”今”という1しか見えてない、
WANIMAの、バンドの根本の考えを理解していない人です。
ファンとは名乗ってもらいたくないですよね。


まぁ大型フェスでも、
そのバンドの思想は体感できるし、
成功者だからなお説得力もあるだろうけど、

ライブの距離の近さや物販や手軽さを考えたら、
やっぱりライブハウスがいいかもしれません。

それに売れかけているバンドだったら、
まさにバンドマンも一番本気になっているので、
より真に感動するかと思います。


でも残念ながら、バンドマンってイメージ悪いし、実際クズ野郎もいるのは難点なんですが(笑)

あと近くのライブハウスに来るバンドが、
本当に自分の合うバンドか不安でしょう。



安心してください!
そのためにこのバンド紹介アカウントがあります!


このアカウントはそういう面も踏まえて、
本当に売れていきそうなバンドを選別して、
紹介しています。

例えで言うならツイートですごい暴言を吐いてるバンドは紹介しません。
でも、全くTwitterを活かしてないバンドも紹介しません。


で、もう1年以上、あなたに合ったバンドの紹介も続けています。
オススメなバンドはいつでも聞いてください。


アカウント作り立ての頃に紹介したバンドには、
実際対バン相手が大物になったり、
有名なイベントに呼ばれたりしています。
そしてYOUTUBEの再生回数も、
目安とされる1万回をゆうに越えて、
先取りと言えなくなったバンドも多数います。


そして、この海賊版のニュースを結構調べて思いました。
こういうインディーズバンドを紹介するアカウント、
結構、意味のあることなんじゃないかと。

ただ僕も勝手にインディーズバンドを紹介してることを考えたら、
あんまり違法サイトと変わんないのかな…(笑)


実はちょっと意識してるので、
僕は絶対音源は公式から引用リツにしてます。



まとめ

これを書いてるときにニュースになりましたが、
漫画村を利用していた人の個人情報を、
漫画村がデータ会社に転売していたようですね。
一般的にそういうデータを買っているのは、
詐欺に使われると言われます。

やっぱり何か裏はあるもんなんですよ。


海賊版や高額転売。
こういう仕組みを作ったり、利用する人は、
絶対頭はいいし、
抜け道のある法律や出版社やレーベルのルールが、
時代に対応できてないのが悪い、
と言うのも「正論」ではあると思うんですよね。


相手が感情込めて作ったものを、
正論で論破したり、楽に金儲けに使うのは、
「自分ヤバいww」って爽快でしょうね。


でも本気のアーティスト・クリエイターというのは、
そんなことでへたこれません。
また0から新たなものを創ってきて、
あなた方がぐうの音も出ないものを必ず持ってきます。


ぐうの音も出なくなったら、
そっち側の人、
もう死ぬしかなくないですか。
しかも必ず持ってくるんですよ、
アーティスト・クリエイター側は。
あなたには理解できない1を創って。
あなたは1がないと、何もできないのに。



僕はそんなリスクは背負えないので、
アーティスト・クリエイター側に立とうかなって、
思います。これからも。


でもあまり時間かかりすぎても、ね。
国や出版社に抜本的で大胆な解決策を求めつつ、
消費者側はアーティスト・クリエイターのことを、
知ることから始めてみませんか?



それでは、この辺で。